アメリカの物価

ハリウッドに滞在することが多いのだけど、
アメリカは物価が安い。野菜や肉も凄く易くて驚くほど。
それに比べてスナック菓子やタバコは凄い値段。
どうやら税金がかけられてるらしい。
私は普段タバコは吸わないのだけど、調べてみると
1カートン49ドル(約5千円ちょっと)
日本の倍近い値段なのだそう。ひょっとすると
州によって値段の設定や決まり事が違うのかもしれないけど。
色んな税があるんだなぁ。
スポンサーサイト

異常気象

約1週間ぶりに日本に帰ってきてビックリ!
東京は気温が36度に上がり、
新潟では大雨、関西では水不足・・・
日本はどうなってしまったんだろう?

短い1日

28日は私にとって非常に短い1日だった。
18時から0時までの6時間しかなかった。
今日が誕生日でなくて良かった。

日本人のキャラって?

アメリカの人達は“日本人”にどんなものを望むのか?
アメリカ人のショーマンシップの凄さは、
日本のどんな凄い芸能人でも太刀打ち出来ない。
アメリカは一般の人ですら凄く面白いし表情豊かだ。
そんな中で、勝負するには“日本人”と言う民族に
求められるキャラを研究しなくてはいけない。
映画では“日本人”はどんな登場の仕方をしているだろう?
「Last Samurai」そんな雰囲気が求めているのだろうか?
家は先祖代々侍の家系だけど私は全然侍っぽくないし・・・。
今回のアメリカで少しだけ何かを掴めた様な気がした。
自分がキャッスルで何をやるべきかが何となく分かって
来た様な気がする。とは言え、まだまだ掴めていない。
少しずつ研究して行こう。

憧れが現実へ

神奈川の外れで育った私は子供の頃「東京の夜景」に
凄く憧れた。中学生の頃は「原宿」と言う街に凄く憧れた。
そして大人になったある日、渋谷に住む様になり、
子供の頃、憧れだった「東京の夜景」を毎日眺め、
「原宿」と言う街も歩いて行けるくらい近くなった。
学生時代、憧れたハリウッド。当時は一生に1回行ける
観光地だと思っていた。だけど今は地元になりつつある街。
今日、ちょっとした買い物をしに会社からチャイニーズ
シアターの方まで歩いて行った。沢山の観光客が集まっていた。
以前は私も、この中にいたのに、今では地元感覚で
ハリウッドの街を歩いている。そんな自分が不思議に思えた。
憧れが1つ1つ現実になって行く瞬間を噛みしめた。

国民性

アメリカでの運転も大分慣れてきた。
アメリカの道路は日本の道路より、ずっと走りやすい。
広いし、自転車や小さいバイクは殆どいないし、
ドライバーはみんな親切で9割の人が道を譲ってくれる。
日本だと親切な人は4割くらいだもんなぁ・・・。
今回改めて実感したことは“アメリカは世界”だと言うこと。
アメリカという国には色んな国の人種がいて、みんなで1つの
国を作っている。だから、お互い助け合って、譲り合って、
気遣い合って生きている。それが車の運転にも出ているんだね。
車を運転するようになって、ますますアメリカが好きに
なってしまったミュウでした。

ほんの一握りの勇気

夜は1人で車に乗ってキャッスルへ出かけた。
車に1人で乗るのは初めてだったので少し不安も
あったけど何とか無事に辿り着いた。
今回の目的は、まずキャッスルで顔を売ること。
とは言え、どうしたら良いものか・・・?
ひとまずオープンセサミをして中へ入った。
クロースアップのショーもまだの様なので、
ひとまずフラッと地下の部屋へ行った。すると
タイミング良く、あるマジシャンが人を集めて
ショーを始めるところだった。
「あなたも観ますか?」と聞かれたので遠慮なく
観せて頂くことに。ユニークなキャラで技も結構切れる。
見応えのあるショー。流石だなぁと思いながら観ていた。
彼のショーが終わった後、彼の方から挨拶をして下さった。
「初めまして。僕はジョンです。
あなたもマジシャンなんですね?」
彼は私がメンバーのバッジを付けていたので演技の最中
カードを引かせたりしなかったのだと気付いた。
キャッスルではマジックを観せてもらったら、お返しに
自分もマジックを観せることで相手と仲良くなることが出来る。
ひょっとしたら今がマジックを見せるチャンスかもしれない。
と思いながらも、さっきのキレの良い楽しい演技の後に
演じる勇気も無かった。そうこうしてるうちに彼は
他のメンバーと話し込んでしまった。ひとまず1階へ上がって
クロースアップの列に並ぶことに。すると、そこで再びジョンの
姿を発見。ここで何もしないかったら何も始まらない。
それでは何しに来たのか分からない。さっきの技に気が引けて
いたものの勇気を出して声をかけてみた。
「さっきは素敵なショーをありがとう。私も少しお見せします」
まずはニンジャリングを演じた。すると彼は
「彼女のマジック凄いから、みんなも観よう」
と、近くにいた人達を集めて下さった。その後、ロープや
カードセットやコインロール等もお見せした。だけど
やっぱりニンジャリングが一番高い評価を受けた様だった。
再び彼の友達のマジシャンが来て、彼にも私の演技を
紹介して下さっていた。「彼にもリングを見せてあげて。」
と言われ、再びお見せした。そのお友達のマジシャンとも
これをきっかけに仲良くなることが出来、再び彼の友達にも
リングを見せることになった。その後も奥のバーの隣の部屋で
演技をお見せして2人のマジシャンと仲良くなることが出来た。
ほんの一握りの勇気を出すことで物事は良い方向に
進展するものなんだなぁ。

Go To Hollywood

遂にアメリカに出発する日が来た。
今回のアメリカは、いつもとちょっと違う意味がある。
これから先、アメリカで活動できるような基盤を
1つ1つ作って行く為の第一歩が今回のアメリカだ。
今年の春、弟の友達の結婚式にてマジックショーを
演じた後、弟からもらったメールが常に心に残っている。
それは“大変だと思うけど自分の納得行くまで頑張れ。
俺も家族もみんな応援してる。実家のことは俺に任せろ”
と言うメッセージだった。弟にここまで言われたら
頑張らないわけには行かない。キャッスルでショーが
出来るようになって、いつか家族を招待出来る日が
来るように頑張らなくては!!!

慣れ

寝酒でブランデーやウィスキーを
ストレートで飲むようになってからと言うもの、
水割りが飲めなくなってしまった。
ブランデーやウィスキーを水で割るのは
何となくワインを水で薄めるのと同じ様な
感覚に思えて来てしまった。慣れって恐いなぁ。

どれが一番凄い?

師匠から、こんな質問をされた。
「彗星を発見するのと、将棋で羽生さんを倒すのと
マジックキャッスルを完全に手中に収めるのと、
この3つの中で、どれが一番凄く感じるんだろう?」
この3つはどれも師匠が実際に成し得た実績なのだけど、
世間一般の人の目には、どれが一番インパクトの
あるように見えるものなのか?そんな話題になった。
マジックの大変さ、マジックの素晴らしさ・・・etc
色々学んできている私にとっては、マジックキャッスルが
一番凄い実績だと思うのだけど・・・
きっと世間一般の人は、マジックキャッスルが、
どのくらい凄いものかも知らないだろうし、
キャッスルで認められることよりも、今TVに出ている
マジシャン達の方が凄いと思うんだろうなぁ・・・。

日本のニュース

つい先日、アジア方面に出張に出かけていた師匠から、
「今回の旅はテロが多くて行けない場所がいっぱいで
大変だった」と聞いた。今、ニュースで報道されている、
テロのニュース、あれも実際には3日遅れで
日本に入って来ているのだそう。
日本では放送されないニュースが沢山あるんだね。

マジックを演じる上での環境

マジックを演じるに当たって色んな場所、
色んなシチュエーションで演じるのだけど、
その場、その場に私なりの名前を付けている。
それは競馬の用語を引用したものなのだけど、
今のところ「芝」「ダート」「田んぼ」の3つがある。
「芝」と言うのは、お客さん達がマジックを観る体制が
整ってる環境のことで、マジックの劇場や、ライブなどは
これにあたる。
「ダート」と言うのは、マジックを見せるに当たって
何かの傷害がある場所のこと。絡んで来るお客さんを始め、
クラブやレストラン等では、必ずしもマジックを観たいと
思っているお客さんとは限らない。周りの音響が
うるさかったり、風が強かったり・・・etc 何かしらの
傷害がある悪環境のことをダートと呼んでいる。
「田んぼ」と言うのは何かと言うと、飲み過ぎて頭が
働いてない状態のお客さんばかりの環境をそう呼んでいる。
マジックは、あまり酔いすぎていると何が起きているか、
マジック事態を理解するのが難しくなる。そんなわけで
12時を過ぎるの、この環境になる場合が多い。
過去に例外も1つあった。それは地方の高級クラブの
営業で行ったときに体験した「新雪」。
誰も足を踏み入れたことのない新雪のように、非常に
ピュアな感覚を持ったお客さんが多い環境をそう銘々。
もしかすると、この先、その他にも色んな環境が
発見されるかもしれないなぁ。

粋なわんちゃん

私の師匠の行きつけの「おいらせ」と言う店がある。
8人入ったらいっぱいになってしまうような
カウンターだけの酒処なのだけど、その店に
非常に可愛い常連さんがいる。
それは、ゴンちゃんと言う5才のわんちゃん。
彼にはオーダーする“いつもの一品”があり、
酒場の和やかな会話を聞きながら、
その雰囲気をみんなと共有しながら過ごしている。
行きつけの店がある犬って・・・流石江戸っ子(感心)

マジシャンは乙女座と水瓶座が多い?

その昔、星占いにこったことがあったのだけど、
先日、ひょんなことから今まで出会った
マジシャン達が何座なのか統計を取ってみると
面白いことが分かった。
乙女座と水瓶座の人工が圧倒的に多い。
乙女座も水瓶座も難しいことを考えるのが
好きな星座でこの結果は結構うなずける。
それに比べて火の星座である牡羊座、
獅子座、射手座のマジシャンの少ないこと・・・。
火の星座は気が短いからかな?
そう言う私も牡羊座。すぐに結果を出したいと思ってしまう。
じっくりと緻密に仕上げることや、難しいことを
考えるのは苦手かも。
それにしてはよく頑張ってるなぁと我ながら感心。
そんな自分の欠点を知った上で頑張ろう。

職業の欄

いつもデパートやレンタルCD屋さんに行って
何かの書類を書くとき、いつも迷うことがある。
それは職業を記載する欄。
自営業、会社員、公務員、専業主婦、学生、その他
と言う風になっていて、大抵その他に○をつけている
のだけど、私の職業って一体・・・?

ささやかな夢

何かを得るためには何かを犠牲にしなくてはいけない。
そんなわけで私はマジックを始めてから、大好きな
ピアノを封印している。だけど、やっぱりピアノを
見ると無性に弾きたい衝動に駆られる。たまに実家に
帰ったとき、それからホテルのロビーなどで少し
弾くことはあるものの、新しい曲を練習したり、
毎日練習することは出来ない。それはタバコを吸う人が
禁煙するのと同じくらいに辛いものかもしれない。
4月1日と言う超早生まれで何の取り柄もなかった私の
唯一の取り柄が“音楽”だった。保育園に通っていた当時、
口ずさんだ曲を鍵盤で弾くのは普通のことだと思っていた。
いつもの様に色々と曲を弾いていたら、何故かみんなが
集まって来た。そのときは何故みんなが騒いでいたのか
分からなかったけど・・・。
小学校に上がったとき、仲の良い友達がピアノを習ってたので
つられて習い始めて、それからピアノ人生が始まった。
私にとって音楽、ピアノは特別なものだった。
と言っても、コンクールに出るほど上手なわけではなく、
本当に趣味として楽しむ程度だったのだけど。
自分の指先で表現した自分の中にある音が、当たりに響いて、
そして耳を伝わって自分の中に戻って来る。
その心地よさは何とも言えないもの。
ピアノと隔離された生活は翼をもがれた鳥になったよう。
ピアノを封印し始めてから今に至るまでに、
心惹かれた曲、練習したいと思った曲はいっぱいあった。
いつか、その曲を練習して弾くことが出来る日が
来ることを夢見て頑張ろう。

お酒の席でのマジックは・・・

お酒の席でマジックを見せていると、
「酔ってる人が相手なら楽でしょ?」と言われることが多い。
だけど実際はその逆で、お酒の席というのは実に厄介なもの。
その人の酔い具合、頭の疲労具合によって演目を
変えなくてはいけなかったり、又どのくらいマジックを
観たいと思っているか、それも察知した上で見せる量も
調整しなくてはいけない。
音楽のショーは昼でも夜でも深夜でも楽しむことが出来る。
きっとそれは体の力を抜いてリラックスした状態で
聴くことが出来る癒し系のものだからなのかもしれない。
だけどマジックは、そう言うわけには行かない。
一生懸命観ていなくてはいけないので、楽しみたいと
思っているときには良いのだけど、疲れているときには、
結構、観るのは辛いものだったりするのが現状。
昼、夜、深夜で人の頭の疲労具合が違うもの。
日中、頭を使って仕事をした帰りにお酒を飲むと頭も
披露して来るので12時過ぎは特に要注意。
視覚的不思議と知覚的不思議を使い分けなくてはいけない。
程良いマジックを提供出来る様に常に観察だね。

自分との戦い

苦手なことに直面する度に“自分との戦いだなぁ”と
実感する今日この頃。説明書が苦手で新しい機械を
買っても説明書を読むことは殆ど無い。だけどある機械を
購入したとき、じっくりと説明書を読んでみるとこにした。
結構、忍耐のいる作業だった。今思い返してみれば
学校の勉強も説明書を熟読する様なものかもしれない。
学歴は関係無いようでも、やっぱりあるんだなぁと
改めて思うのだった。学校で習った学問が社会に出て
役に立ったと実感したことは殆どない。だけど、その
プロセスは大切なものがある気がする。私達は学校で
学問というものを通じて先生から“目上の人から何かを習う”
と言うことを教わったのでしょう。相性の良い先生、苦手な
先生がいたのと同様、相性の良い上司、苦手な上司がいたり、
そう言う面で学校生活と社会生活は、実はそんなに大きな
違いはないのかもしれないね。そんなことも全て含めて
“自分がどれだけ苦手を克服して来たか”なんだろうなぁ。
そして学歴の差は、あらゆる“苦手”と闘いながら
学問と言う1つのことを最後まで貫き通した人と、
途中で放棄してしまった人との違いなのかもしれない。
説明書を読んだとき、ふっとそんなことを思ってしまった
ミュウでした。

映画

マジシャンにとってハリウッド映画は非常に勉強に
なるものなので、映画を観ることは必修科目なのだけど
今年に入ってまだ一本も映画を観ていないなぁ・・・(焦)
映画館に足を運んで観たいと思う映画がないまま、
気付いたら6月になってしまっていた。
早くスターウォーズが公開になると良いなぁ。

ヒヤッとした一瞬

人には、それぞれ苦手なものがある。
私の苦手はミミズとか芋虫とかウニョウニョ系の虫。
今日もバイクから降りた後、ふと足下を見ると・・・
木の枝にしては微妙に動いている・・・?
見なければよいのに恐いもの見たさで見てしまう。
やっぱり微妙に位置が動いている(焦)
恐いよぉ~。私の方が体が大きいのに・・・・・。

ドナルド・ダックの誕生日

そう言えば今日、と言うか昨日か・・・
6月9日はドナルド・ダックの誕生日。
一体何歳になったんだろう?
いつまでも世界中の人達に夢を与えてくれる彼に感謝。

サッカー

今日はサッカー日本が勝って嬉しいな(*^_^*)
そんなにサッカーに興味があるわけでは
ないのだけど、やっぱり日本が勝つと嬉しいもの。
こういう活躍の1つ1つが勇気を与えてくれる。
自分の分野のことで頑張らなくては!と言う気になるね。

過去と未来

過ぎたことには“昔”“過去”の2つの言葉しかないけど
これから来る時間には“未来”“目標”“夢”“希望”
“可能性”等々・・・etc 沢山の言葉がある。
そんな話を聞いて確かにそうだなぁと実感したミュウでした。

炭水化物抜きダイエット

近頃、私の周りでは炭水化物抜きダイエットが
流行っている。お米やパンなどの炭水化物を
食べないようにして、それ以外のものは好きに
食べると言うダイエットらしいけど、結構
効果があるらしい。物足りなくないのかな・・・?

世代交代

お札が新しくなってから何ヶ月たっただろう?
2~3ヶ月前までは、壱万円で買い物をすると
返って来るお釣りの千円は夏目漱石と野口英世と
半々くらいだったけど、近頃はほとんど
野口英世のお釣りが多くなって来た。
そろそろ世代交代が終わるところかな?
それにしても、新しいお札、壱万円と五千円と千円の
見分けが付き辛いと感じるのは私だけでしょうか?

クールビズ

最近話題のクールビズ。
毎年、夏が来る度に思っていた。
暑い中、長袖のスーツを着て街を歩き
電車に乗るビジネスマンの姿を見ると
気の毒だなぁと。だからクールビズが
採用になることには大賛成。
だけど定着するには時間がかかるんだろうなぁ。

最近コンビニで買い物をしたときに
スピードくじをよくもらうのだけど、
6回引いた内の5回当たった。
嬉しい反面、もしかして大切な運を
ここで使ってしまったのかな・・・?
実力をアップさせて運を見方に
出来る様に頑張ろう。

川の流れのように

傘が手放せない季節がやって来た。
だけど傘って、いつの間にかどこかに無くなって
しまうものだったりする。大抵どこかに置き忘れて
しまうと言うパターンなのだけど、その忘れた傘を
再び誰かが使って・・・。こんな風に傘と言うのは
「行く川の流れは絶えずして、しかも元の水にあらず」
と言う一生を送っているような気がする。
ボールペンも又、そんな運命?

地震

昨日は数回に渡り地震があった様だけど、
1つも気付かなかった(焦)
震度4って結構大きいのになぁ・・・。

昼と夜

近頃、車の運転の練習を始めたのですが、
いつも夜バイクで走っている道、昼間は
全然違って見える。昼になると現れる
不思議な建物。こんな建物あったっけ?
このビルってこんな色してたの?等々・・・etc
逆に迷ってしまいそう(焦)
プロフィール

ミュウ

  • Author:ミュウ
  • マジシャンMistyミュウの日記!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク