7月30日(日)

先日、引っ越したウィザードイン。
ようやく周りの環境にも慣れてきた。
閑静な住宅街を歩いているとピアノを練習する音が・・・。
ソナチネか・・・懐かしいなぁ。
私が中学生の頃、練習したことのある曲だった。
考えてみると、マジックを始めて今年で丁度10年。
そして過去のピアノ歴も10年で丁度イーブン。
ピアノを続けた10年間に比べると
マジックを続けた10年間は、ただ無駄に時間が
経ってしまっているだけの様な気が・・・(焦)
今からでも何とかしなくては行けない(^_^;)
今日はミーティングの日。今日はドチャドチャも登場。
先生は韓国に出張している為、今日は来なかったけど、
ドチャドチャの登場で更に賑やかな会になった。
みんなのカードセットのラップタイムを計った。
アンドゥは前回よりも10秒も早くなっていたのでビックリ。
こうやって、みんな一歩一歩成長して行くんだなぁ(*^_^*)
自分のタイムはダイヤ、クラブ、ハート、スペード
平均2秒ずつ早くなったけど、全体的にダイヤが遅いかも。
ミーティングと同時進行でLさんとのミーティングも
実行させたいなぁ。と思いつつ、なかなか実行出来ずにいる(焦)
話したいテーマが6つになってしまった。
今特に一番話したいことは「縦と横のバランスについて」。
予め日にちを決めることを相談しないといけないかも。
スポンサーサイト

7月29日(土)

今日は京の日。今日も幾つかの席でマジックを
お見せした。@さんが久々に登場。いつもスーツ姿の@さん、
今日は、やんちゃなファッションだった。
マジックが一段落してから、日頃の話になった。
改めて考えてみると、着ぐるみを来ているような感覚で
日常を過ごしているかもしれないなぁ・・・。
“ロードの衣装”と言って、ショーに向かう移動の
最中も“街を歩く用の衣装”を来て現場へ向かう。
普段も“普段着の衣装”を心がけなくてはいけないし、
髪型も決まったスタイルだし。
マジシャンとして現場に出たときは特に着ぐるみ状態。
どんなに話題の芸能人が来たとしても、自分の好きな
タレントが目の前に来たとしても、ミッキーマウスは
浮かれてミーハーになっては行けない。ミッキーには
ミッキーの役割や使命がある。マジシャンにもそれと
同じことが言える。どんな凄い有名人であったとしても、
私がマジックをお見せしているときは、
“私の世界に遊びに来たゲスト”であると言う感覚に
自然と体が反応してしまう。一種の職業病なのかな?(^_^;)
そんな話をしたときに@さんから「窮屈じゃないの?」
と訪ねられた。だけどそれが不思議と窮屈ではなく、
逆にこういう緊張感を持って過ごすことが心地よく
感じたりする(変なのかな?)
その後、Mさん達の席でマジックをお見せした。
弟さんが遠くからいらしたとのことだった。
色んな席を回っていたのだけど、今日は結構混雑していたので、
どうやら行きそびれてしまったテーブルがあったみたい(焦)
後で知って超ショック・・・(T_T)
ミッキーに会うことを楽しみにしてディズニーランドに来て、
ミッキーを待っていたのに、ちっとも来てくれなくて・・・
遂に帰る時間になってミッキーに会うことなく、がっかりして
帰って行った、そんな少年の姿が瞬時に頭に浮かんでしまった。
本当に申し訳ないことしてしまったなぁ・・・。
次回、Iさんが来たときには、その分フォローしなくては。
とっておきのものを考えて用意して待つことにしよう。

7月28日(金)

今日は将棋の先生達のところでマジックをお見せした。
Aさんは前回のマジックのメモや、ずっと前にお教えした
マジックのプチアイテムを今でも大切に持ち歩いて下さっている。
「この間、マジックを教えてもらうようになってから
まだ一度も負けてない」と言われると、
単なる偶然なのだろうけど何となく嬉しくなってしまう。
今日も幾つか簡単なマジックをお教えした。
途中、A先生は明日NHKの生放送があるとのことで
一足早くお帰りになった。他の皆さんは10時過ぎから
2時くらいまで飽きることなくマジック漬けの時間が続いた。
その後、先生達がママからお店宛に色紙をとお願いされていた。
将棋の色紙や扇子には、一言と共に名前が書かれ、
その一言は、それぞれ先生が考えるものなのだそう。
例えば「飛翔」とか「独創」などなど・・・etc
A氏は「愛羅武勇」(アイラブユウ)と書かれていた。
K氏は「参った」と書かれていた。
それぞれ個性が出るものなんだなぁ。
もし、マジシャンにもこういうタイプの色紙があったとしたら、
みんな、どんなことを書くんだろう?(*^_^*)

7月27日(木)

今日は勉強会の日。ステージの話題になった。
斬新なアイディアで、定番のものが
違ったマジックになる・・・
やっぱり、先生は凄いなぁ。
今日はカードセットでラップタイムを計った。
ラップタイムを計るのは生まれて初めての体験だった。
こういう分析が大切なんだね。
それにしても・・・遅い・・・(焦)
それはそうと今日はサンタクロース会議の日。
行ってみたいなぁ・・・。


7月26日(水)

今日は常連のKさんがお連れの方と一緒にいらした。
前々から「マジック好きな友達がいて今度連れて行くからよろしく」
と言われていた。遂に今日がその日になった。
“お連れの方の期待を裏切らないように、
又、連れてきて下さった方の顔を潰さないように”
嬉しい反面、プレッシャーもある。
まずは定番のルーティーンからお見せした。
ノリの良い方達だったので、楽しい雰囲気でお見せすることが出来た。
幾つかお見せした後、定番のレクチャーマジックを行った。
お連れの方は元々、輪ゴムのマジックをレパートリーにしていた様なので
指輪の脱出するマジックをお教えした。皆さん喜んで練習されていた。
途中、Kさんが先日お教えした輪ゴムのマジックを彼らの前で披露。
そのマジックは輪ゴムが通り抜けるマジック、だと思いきや・・・
一本になってしまう、そんなマジックで、通り抜けるのを知ってる人が
“え?!”と思えるマジック。お連れの方は凄くビックリされていた。
驚いてうろたえる彼らを見てKさんは、とても嬉しそうだった。
私も内心ガッツポーズ(*^_^*)
何となくチーム戦が上手く行った様な感じがして嬉しかった。
お連れの方達が一足先にお帰りになった後、密かにKさんに1つ
マジックをお教えした。それは、さっきの方の誕生日をお祝いする為の
マジック。「これは良い!」とKさんは張り切って練習されていた。
もう一回やってと言われたとき様に、と2回演じるシチュエーションで
練習されていたので、一言付け加えた。
心のこもったメッセージのあるマジックを演じたときに
“タネを暴いてやろう”と言う気持ちでいる人は、めったにいないので
“もう一回やって”と言われることは無いと思って良いと。
当日、私は現場に居合わせることは出来ないけど、Kさんが
練習したこのマジックが、上手く行ってくれると良いなぁ。
吉報を楽しみに京で待つことにしよう(*^_^*)

7月25日(月)

今日は、おいらせへ行った。
おいらせでは、為になる話が身近にある。
ただ、それに気付いて栄養に出来るかどうかは自分次第。
今日は将棋の羽生先生の話題になった。
先日、ある番組で羽生先生が天才について
インタビューされたときに、
“天才と言うのは、同じことをずっと続けることが
出来る人のことではないか”と言っていたのだそう。
羽生先生と言えば“ひらめき”と言う言葉が
連想されるけど、そうではなかった。
“続けること”か・・・。深いなぁ。
“99パーセントの努力と1パーセントの才能”
と言うけど、その残り1パーセントの話は、
99パーセントの努力をした人同士でないと
分からない世界なんだね。きっと。

7月24日(月)

最近「英会話でマジック」の原稿を書き始めている。
コミック形式なので、枠を描かなくてはいけないのだけど・・・
キッチリした作業が得意でないので、線を引くのが
私にとって一番大変な作業かも(焦)。
それはそうと、油性ペンで線を引くとき、
息を止めてしまうのは何故だろう?

7月23日(日)

今日はウナギの日。

7月22日(土)

今日は京の日。
今日も幾つかの席でマジックをお見せした。
ワインで乾杯している品の良い年配の御夫妻の席へ
お邪魔して、マジックをお見せすることに。
幾つかお見せした後、恒例のレクチャーマジック。
指輪の脱出のマジックをお教えすると、お二人とも
張り切って練習して下さっていた。その後、もう1つ
覚えたいと興味津々に目を輝かせていたので、
パドルのマジックをお教えすることに。
飲み込みが早く、感心させられた。
途中でコインロールをお見せすると、それにも興味を
持たれた様で、手を動かして練習していた。
本当にマジックが好きなんだなぁ・・・。
手に力が入ってしまってなかなか上手く行かない様子だったので、
先日のジョージの様に左手でやることを提案した。
すると右手よりも上手く行ったようで
「本当だ!」と感心されていた。
70才だとおっしゃっていたけど、もっと全然若く見える。
朝から仕事をして、ワインを飲んで12時過ぎて、
それでも、この元気とテンションと言うのは凄いこと。
70才と言うのが本当かどうかは分からないけど
好奇心を持ち続けて、常に学ぶ姿勢を忘れなければ、
年をとらないものなんだなぁと思う日だった。



7月21日(金)

今日は京の日。到着すると早速ジョージ、サム、ベン達の
会社の方達が団体でいらした。社長さんは“京=マジック”
と思って下さっている様で、来るや否や
「マジックマジック、マジック観て帰ろう」とおっしゃっていた。
そんな訳で早速マジックの準備をした。
結構、大勢だったのでサロン的に、切るタイプのロープと
ライジングをお見せしてからクロースアップに移った。
一通りお見せしてから、輪ゴムのレクチャーをやっていたら、
丁度そのとき、遅れて来られた方がいらした。その方は
大のマジック好きだと聞いたので、彼を中心に幾つかお見せした。
実際に生で観る機会は、あまり無かった様で、
目の前で観たことを喜んで下さっていた。
その後、幾つかマジックを観せて頂いたのだけど、
素晴らしいのは、彼はギミック等の仕掛けのあるものを
使わないこと。ターベルコースに載っているような
古典的なマジックを丁寧に演じていて、観る人に対する
配慮もあり、個人的に非常に好感度が高かった。
その後、幾つかマジックをお教えすると、喜んで下さり、
ひたすら練習に励んでいた。ジョージ達の席でマジックを
お見せした後、再び他の団体のお客さんの席へ。
「マジック観せてあげて」と言うことで早速始めることに。
テーブルの上の飲み物を見ると・・・氷が溶けて水になっている。
それはお酒が進んでいないと言う証拠。
結構、終盤を迎えているのかなぁ・・・。それはさておき、
リクエスト通りロープマジックからスタートした。
みんな、そんなに酔ってはいなし、マジックを観るときは
元気だったので一安心。幾つかお見せして、レクチャー
マジックを終えると、やっぱり終盤だった様でお帰りに。
3時近くなった頃、先日ドイツからのゲストを接待されていた
お客さんがいらした。ドイツのお客さんは
「日本は凄く楽しい」と凄く喜んで下さった様で、
今日はそのことを言いに来て下さったのだそう。
何時もマジックを贔屓にして下さっているSさんが
昨日、来て下さったのだそうだけど、ともみちゃんも
私もいなかったので、申し訳なかったなぁ・・・。

7月20日(木)

今日は、ようやく雨が止んでくれた。
文明の力って凄いもので、
新宿のビル群は“新宿山脈”になっているのか?
気象まで変えてしまうんだなぁ(感心)

7月19日(水)

今日は常連のKさんがお連れの方と一緒にいらした。
結構、酔われてる状態だったので、
軽く少しだけマジックをお見せした。
お連れの方が、先日覚えた輪ゴムのマジックを
家でやったのだそうだけど、お子さんが小さいので
あまり現象が分かっていなかったとのこと。
そんな訳で今日は、パドルをお教えしようと思いスタンバイ。
せっかくなので先日このマジックを覚えて頂いたKさんに
演技をやって頂いた。新しく今日から入ったスタッフの
女の子もマジックを観るのは初めての様で、Kさんの
パドルを観て、お連れの方と一緒に驚いていた。
最初はレクチャーしようと思っていたのだけど、
みんなの良いリアクションにKさんも嬉しそうだったし、
結構、良い雰囲気だったので、今日はこのまま
レクチャーしないでおいた方が良さそうかな・・・。
ダートの現場ではマジックは生き物の様に変化する。
その場その場のベストが何かを考えて、一番良いものを
良いタイミングで出せるようにしなくてはいけない。
縦(クオリティー)と、横(種類)をバランス良く
もっと増やして行かなくてはいけないなぁ。

7月18日(火)

今日は雨が降り止まない。
ライダーにとって雨は厄介なもの。
レインコートを着て慎重に運転した。
途中、やたらと道が混雑していた。
何かと思ったら、どうやら事故らしい。
バイクとタクシーがぶつかってしまったのか?
タクシーの車体がへこんでいた。
雨の日は本当に気をつけなくてはいけないなぁ・・・。
気が付いたら7月も、もう後半。英語も勉強しなくては!
と思いながら以前手がけていた「英会話でマジック」の
原稿のことを思い出した。この原稿もやらなくてはいけない
ものの1つだった(焦)私の頭はクリップボードの様に
何かが入ってくると何かが抜けて行ってしまう・・・(焦)
しっかりやらないといけないなぁ(反省)
それはそうと、どこかのタイミングで上司のLさんと
一杯呑みながら色々と有意義な話をしたいなぁと思いつつ、
なかなか予定が上手く行かない・・・。
話したい議題(?)が頭の中に次から次へと浮かんで来る。
近い内に行けたら良いなぁ。



7月17日(月)

今日はオリンピックセンターにてレーティング大会。
雨が降っていたので、移動が大変だった。
今回は参加者も16人と、いつもよりちょっと多め?
レーティングのときは、いつも間に合わせになってしまう・・・
もっとしっかりやらないと行けないなぁ(焦)

7月16日(日)

今日はハードロックでショーをやっていたエンドゥが
マイアミから来日していると言うマジシャンと
仲良くなったらしく、渋谷まで一緒に遊びに来た。
ラテン系のナイスガイで、結構ウィザードインっぽい
マジック好みのマジシャンで、彼の演技はスキルフルで
ビジュアル的に綺麗なマジックだった。
今日は0時から「パイレーツ・オブ・カリビアン」の2を
みんなで観に行った。座れないかと思いきや、思ったほど
混雑していなかったので一安心。映画館で映画を観るのは
久々だったけど、凄い面白かった。早く3が観たいなぁ。

7月15日(土)

今日も幾つかの席でマジックをお見せした。
先日いらしたお客さんとお連れの方に
マジックをお見せすることになった。
5人でいらしてるうち、4人の方は日本酒を
沢山呑んでから来た様で、2人の方は田んぼ状態、
2人の方は、まだそんなに酔ってない状態、
女性の方は1人で素面に近い状態だった。
絡んで来る人、暴走してる人、静かに観てる人、
それぞれバラバラなテンション。
そんな中、相手のリアクションにノリながらも、
有無を言わせず自分のペースでちょっと強引目にその場を
まとめているとき“これぞダートだなぁ”と実感する。
一緒にいらした女性のお客さんは特に
マジックにはまってしまった様で、
12:30くらいから2:00くらいまで
延々と見せ続けることに・・・(焦)
ダートのとき、その場その場でハプニングやリクエストが
起こるので、何をやったか後で思い出せないことが多い。
今日も何をどの順番でやったかは途中から覚えていない(焦)
1つの席で約1時間半は大変だったけど、
「今日は本当に来て良かった。」と言って頂くと、
この一言が“次も頑張ろう”と言う気持ちにさせてくれる。
会社からハンズが遠くなってしまったので、輪ゴムなどの
細かい備品の調達が思うように出来ていない今日この頃。
新たな演目も含めて色々工夫しないといけないなぁ。

7月14日(金)

今日は金曜日ということもあり大混雑。
席が無くて帰ってしまったお客さんもいらした。
今日も幾つかの席でマジックをお見せした。
常連中の常連、ジョージ、サム、ベンの席でも
新ネタを公開。話の流れからカードセットを
お見せすることに発展した。安定感はないものの
自分自身もちょっと新鮮な気分になれた。
その後、初めていらしたお客さんにマジックをお見せした。
深夜も2時を過ぎると、お客さんも段々酔ってくるし、
日中働いてる人は段々電池が切れて来る時間帯。
どのくらい酔っているか?どのくらいマジックを観る
体力が残っているか?それを肌で感じながら演じる
演目を抜粋して行かなくてはいけない。
初めていらしたお二人は、とっても
リアクションが良いお客さんだった。
1つマジックをお教えすると半端じゃないくらい
喜んで下さり、繰り返し繰り返し猛練習されていた。
その後、マジックを何時も贔屓にして下さっている
Sさんとお連れのお客さんの所でマジックをお見せした。
かなりお待たせしてしまって席に行った時間も
3時を過ぎてしまって申し訳なかったなぁ・・・。
隣の席のお客さんも気になっている様子だったので、
一緒にお見せした。3時過ぎてるのに、お客さんは
みんなまだまだ元気で感心。世の中は明日から3連休か。

7月13日(木)

今日は六本木のトニーローマの日。
店内は改装工事中らしく、半分の広さになっていた。
今日はお客さんのノリが普段と少し違った感じがした。
暑い中、仕事を終え、ビールで一杯乾杯しよう!
と言うノリだからか?普段よりノリが良い感じがした。
今日はウィザードインデックを下ろして3日目。
リセットをやるとき、良い音がするので、
お客さんの歓声率も普段より少しアップしている。
ほんの些細な、ちょっとの違いなのだけど、
音の効果というのは大きい物だなぁ。
料理のタイミングもあるので、タイミングを見ながら
テーブルをホップした。6時から10時まで
良いバランスでマジックをお見せすることが出来た。

7月12日(水)

そう言えば今から約1週間前、
渋谷でカポにそっくりな人を見かけた。
カポと言うのは京がイタリアンだった頃のフェフ
なのだけど・・・・・まさか違うよなぁ・・・
と思いながらも、やっぱりそっくりだった。
白衣を来てバンダナを巻いていて、
携帯でメールをやっていた。やっぱりカポだったのかな?

7月11日(火)

今日はラクーアのババガンプにてマジックショー。
ショーの前に、いつも食事を出して頂くのだけど、
ババガンプの料理は新しい美味しさの料理で結構はまっている。
6時からショーをスタート。この店のお客さんはみんな
開放的でノリが良いので凄く楽しい。20名くらいの
団体のお客さんの席も幾つかあったので、最初はサロンっぽく、
後半は各テーブルでお見せする形にした。
団体さんは更にノリが良い。
あ~あ。紙袋とライジングを持って行けば良かった(反省)
6時から10時までノンストップで色んなテーブルを回って
ショーをすると“仕事してるなぁ”と言う充実感を得られる。
今日もアッという間に10時になってしまったなぁ・・・。

幼い頃の記憶

p014.jpg


幼い頃、お気に入りだった曲「白鳥の湖」「クルミ割り人形」
「チャイコフスキーのピアノコンチェルト」「新世界交響楽」
たまたま家にあったレコードの中から見つけたお気に入りの曲だった。
音楽というのは不思議なもので、その曲を聴くと
その当時の自分に心が戻っている。
仲の良い友達とよく「白鳥の湖ごっこ」をやったのを思い出すなぁ。
たまらなく懐かしい曲を聴きながら
思わずノスタルジックな気分に浸ってしまう。
今、最新の音楽は5年10年経つと古い音楽になってしまうけど、
クラシックは100年以上経っても古さを感じないから不思議。
この後もずっと語り継がれるものなんだろうなぁ。

G006.jpg




幼い頃の記憶

child003.jpg


先日、撮影の為、小田原城に行った。
幼い頃、良く連れて行ってもらった場所の1つで
小田原城の敷地内には動物園もある。
変わった所もあれば、変わっていない所もあった。
ゾウのエリアは昔と全く変わっていなかったのだけど・・・
昔はもっと、柵も高かったし、
ゾウのエリアはもっと広かったのに・・・。
そう感じたのは私が成長して大きくなったからだった。
幼い頃の記憶に残っていた視点と、今の視点はかなり違う。
懐かしい、お城の階段の石も、もっと大きかった気がしたし、
敷地内はもっともっと広かった様な気がしたし。
何か不思議な感じがした。

7月10日(月)

キャッスルのショーに向けて演技を
英訳しなくてはいけない。
だけど気を抜いてるとアッという間に
時間が経ってしまうので気を引き締めなくちゃ!!!

7月9日(日)

今日は風邪をひいてしまった(焦)
早く直さなくては・・・。

7月8日(土)

今日は昨日がもの凄く忙しかったからか?
ちょっと静かな日だった。サッカーの試合がある日は
いつも静かな感じかも(焦)将棋のプロ棋士の先生が
ファミリーでいらした。お嬢さんは今小学校2年生。
彼女(Yちゃん)が幼稚園の頃から知ってたのだけど
成長したYちゃんを見て、時間が経つのは早いことを実感する。
大人だと2年経っても3年経っても外見はそんなに
変わらないけど子供の成長って凄いなぁ。
Yちゃんは大のマジック好きで、京に来るときはいつも
「マジックのお姉ちゃんいる?」
と言う感じで来て下さりとっても嬉しい。
今日は普段とは少し違ったテイストでお見せした。
その後、お札のマジックをレクチャーした。
今日は全体的に和やかな1日だったなぁ。

7月7日(金)

今日は京の日。到着すると既に何組ものお客さんがいらした。
早速、常連のIさん達のところでマジックをお見せした。
その後、総統とお連れのお客さんの席でもお見せした。
常連のMさんとお連れのお客さんがいらしたので、
その隣のテーブルのお客さんと一緒にお見せした。
仲良く盛り上がって下さり楽しい雰囲気でマジックを
やることが出来た。今日は帰る間際ギリギリまで
マジック三昧の1日だったなぁ。

7月6日(木)

今日は社長がアメリカから帰国する日。
今、アメリカでは日本の漫画やアニメが
流行っているらしい。
それも“コミック”ではなく“マンガ”
“アニメーション”ではなく“アニメ”
と言う言葉で浸透しているらしい。
そして漫画も完全に英語に訳した物では駄目らしく、
カタカナに英語のフリガナを振ったものが受けてるらいし。
街角ではコスプレをした外人さん達が
日本のアニメソングを歌っていたりするらしい。
オタクと言う言葉も、萌えと言う言葉も通じるらしい。
なんか不思議だなぁ・・・。

7月5日(水)

今日は京の日。イギリスからいらしたお客さんを接待されてる
4人組のお客さんにマジックをお見せした。ノリが良くて
楽しい雰囲気でお見せすることが出来た。その後も幾つかの
テーブルでマジックをお見せした。やっぱりカラオケの店
なんだなぁ・・・。その後、将棋のプロ棋士の先生達のところで
マジックをお見せした。将棋の先生達と言うのは知的なことが
大好きで普通の人達とは少し違った視点でマジックに
触れているのが分かる。3人でいらしたのだけど1人の先生は
凄く熱心にメモを取りながら、見せるときの台詞まで
事細かに覚えていた。若いのに凄いなぁ。感心させられた。
そう言えば昨日、人身事故の為、電車のダイヤが
乱れていたのだけど、ゆうき屋でお客さんとその話をすると
「今日は1日中ダイヤが乱れっぱなし」と言う声が。
車を運転してるお客さんからも道路で事故があった
と言う話を聞き、病院で仕事をされてるらしいお客さんも、
今日は飛び込みの患者さんが運ばれてきたと言う話をされていた。
1日を通して事故が多い日なので凄く気になり、
ある資料に目を通してみた。ある本によると月の満ち欠けが
人の精神状態に影響を及ぼすと言う。
新月、満月のときには傷害事件や死亡事故が起こる率が多く、
上弦の月、下弦の月のときは死亡事故に至らない程度の事故が
多いと書かれていた。新月、満月のとき人は緊張状態にある為、
無謀な運転をしての事故を起こしやすく、上弦の月、下弦の月の
ときには逆に緊張感がゆるんで、うっかり事故を起こしやすい
とのことだった。そして太陰暦で月の満ち欠けを調べてみると、
事故の多かった昨日は何と!上弦の月だった。ちょっとゾッとした。
だけど今後マジックを見せる上でも、この月の情報は面白い
研究材料になりそうだなぁ。演じる側の自分の心理状態、
そして観る側のお客さんの心理状態、月の満ち欠けによって
どんな変化があるのか、アンテナを立てて研究してみよう。

7月4日(火)

独立記念日の今日、ゆうき屋の日。
横浜駅が凄い混雑していた。どうやら
ダイヤが乱れているらしい。
到着してから食事を頂きながら日誌に目を通した。
相変わらず食事は美味しくて体が喜ぶ料理だった。
しばらく来ていなかったのだけど、日誌を読むと
やっぱり思った通り常連のお客さんが増えつつある。
地の利的にも、店の雰囲気的にも常連さんが多くなる
タイプの店なので、これからも、もっともっと、
常連のお客さんは増えるはず。今日は常連のお客さんは
そんなに多くなかったので定番のルーティーンで行った。
やっぱり、カラオケのない環境って見せやすいなぁ。
制限もなく伸び伸びとした感覚で見せることが出来る。
マジックを見せてて最近多い質問が
「TVでやってるマジックを観て大体タネ分かるの?」
という質問。私はいつもこう答えている。
「マジシャンは見る視点が一般の人とは異なるかもしれません。
誰の作品を誰が演じるか、そういう点では
マジシャンとピアニストとは似ていて、
例えばショパンのノクターンを誰が弾くか?
ベートーベンの月光を誰が弾くか?そんな見方になります。
自分もその曲をレパートリーとして持っている場合もあれば、
譜面は持ってるけど、まだ練習していない曲もあるし、
まだ譜面を手に入れてない曲もあります。
誰の演奏が上手か下手か、どの表現が自分の好みか?
そんな視点で見てしまいます。」
「○ロのあのマジックは、○リックのあのマジックは
タネはどうなってるの?」
「世の中にはウルトラマンの背中のファスナーの様に
知らない方が良いこともあるんですよ。一度ファスナーを
開けてしまったら、そういう見方しか出来なくなるので、
純粋にウルトラマンに感激出来るなら、
その感覚を大切にした方が良いかもしれませんよ。」
正しいか、正しくないかは分からないけど、
いつも大体こんな感じに答えている。他のマジシャン達は
一般の人からのこんな質問にどう答えているんだろう?

7月3日(月)

今日は朝食を食べてから小田原城へ向かった。
撮影をしていると、その演技を遠くで観ていたらしき
自転車に乗った年配の紳士が近くへやって来た。
「今のマジック凄いね。プロの方?」
どうやら、その紳士は大のマジック好きで、
話を聞いてみると、結構色んな場所でマジックを披露
している様子。Mr○リックさんのアイテムを4万も出して
買ったけど出来るのは2つしかない。と言っていた。
こんなところでマジック好きな人に遭遇するなんて
“マジックの輪”だね。
プロフィール

ミュウ

  • Author:ミュウ
  • マジシャンMistyミュウの日記!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク