10月30日(月)

キャッスルの演技も練習を進めてるうちに段々と
輪郭が見えてきたので、ちょっと気持ちにゆとりが出てきた、
というよりも、行けそうな気になって来た。
進むのは本当に薄い紙一枚分くらい少しずつだけど。
有言実行と言うのは、言った以上、やらざるを得ない状況に
自分を追い込むことが出来る。計画を立てて着実に出来る人は
そんな必要はないのだろうけど、私はこうでもしないと物事が
進んでいかない・・・(-_-;) 
今日は明日のハロウィン用マジックの準備も着々と進んだので
見通しが明るい。あとは最近DVDが出始めた
“コープス・ブライド”を観て感性を仕上げよう。
ハロウィンの話ではないけど、何となくハロウィンっぽい
気分になれるから。準備した演技、明日出来ると良いなぁ。
スポンサーサイト

10月29日(日)

家の近くにはニュージーランド大使館がある為、
近所に外人さんが沢山住んでいる。ハロウィンや
クリスマスのときには家が華やかに飾り付けされている。
ハロウィンが近いこともあり、昨日は特にハロウィン
パーティーをやっている家が多かった。大人も子供も
仮装をして歩いている人を沢山見かけた。外人さんが
近所に住んでることは知っていたけど、こんなに沢山
だとは思わなかった。家のガレージやお庭で小さなテーブルを
置いて、キャンドルに明かりを灯して集ってる家が多かった。
彼らの服装や家の飾り付けを見て、ハロウィンのコンセプト
と言うものを初めて知った様な気がした。
魔法使い、ドラキュラなどモンスター系の格好をしてる人が多く、
飾り付けもカボチャの他に骸骨のオブジェがあったり・・・etc
言葉で上手く説明出来ないけど、しっかりとしたコンセプトを感じた。
きっとこれが定番のオーソドックスなスタイルなんだね。
日本で定着して来たハロウィンは、単なるコスプレパーティーに
なっている?何か違った方向に行ってるような気が・・・(焦)
それはそうと、次の火曜日はハロウィンデー。
ハロウィンマジックを完成させなくては!!!

10月28日(土)

今日は京の日。久々にMさんが、お連れの方と一緒にいらした。
まだ皆さん揃う前だったけど、初めていらしたお客さんに
見せてあげて欲しい、とのリクエストがあったので、
早速マジックをお見せすることに。
“ひょっとして既に出来上がり気味?”と思ったので、
視覚的不思議を中心に構成した。リアクションが良かったので、
ちゃんと伝わっていたんだなぁと一安心。幾つかお見せした後、
あやとりのマジックをお教えした。繰り返し繰り返し練習されていた。
しばらくして、お二人の方がいらした。先ほどマジックを
お教えしたお客さんは嬉しかったのか?
ずっとそのマジックを披露し続けていた。
2名増えたので、再び少しお見せした。しばらくの間、
マジック漬けになっていた。その後、カウンターのお客さんから
リクエストがあったので、少しお見せした。窓際の席では
マジックで盛り上がっていた。彼は番組の企画のお仕事を
されてるお客さん。彼はマジックに、はまっている様で、
その番組を担当してるマジシャンから習ったというマジックを
披露されていた。そんな中、その席にお邪魔することに。
私が来ると緊張する、とのことだったけど、物怖じせずに
しっかり演技をされていた。お札が宙に浮くマジック等など、
色々演じて下さったのだけど、色んな人を呼んでは見せ、
何度も演じてるうちに・・・・・アクシデントが(焦)
私がお教えするときは、失敗しても
“あー!ただこうやってただけなんだ”とブーイングが
出ることが少ないタイプのものをお教えしてるので、
こういうときの対処法は分からない(焦)
技術は身を助けると言うことで・・・(^_^;)
その後、少しカードマジックをお教えすることに。
みんなで広いエリアを使ってマジックタイムになっていた。
そして帰り際、最後の最後に1つだけ演技をお見せした。
“壊す”までは行かないまでも、
“プロ”の尊厳を守ることは出来た様で一安心。
先生くらいに出来れば、緒川さんぐらいに出来れば、
もっと感動を与えることが出来ただろうに・・・。
もっともっと、スキルを始め総合的な力を磨かなくては!
と思うのだった。


10月27日(金)

今日は1日だけ緒川さんが一時来日。
サバ味噌、マグロのやまかけ、浅漬け、カボチャの煮物、
鶏団子とカブのスープ、ごはん、フルーツ盛り合わせ、
と作っていたら、品数が多くなってしまって・・・
お皿が足りない状況に(焦)5×8のお皿とお茶碗とお椀と。
食器棚のお皿をほとんど使ったかも・・・。
緒川さんには、京に行く前にほんの少しだけ会うことが出来た。
京に到着すると既に1組お客さんがいらしていた。
初めての方もいらしたので、早速マジックをお見せすることに。
何だか恐い話題で盛り上がっていた。そんな話の合間に
マジックをスタートした。定番のロープから始めたのだけど・・・
こんな話の後だから、皆さんロープと言う物を違った角度から
見ているんだろうなぁ・・・(焦) その後、カードものを
幾つかお見せして、それから1つマジックをお教えした。
最後に1演技で締めくくった。不可能さを作ってから可能に
持っていく演出を頑張った。この差を作ることで、より一層、
不思議さをアップさせてくれる様。マジックを一段落させて、
再び、先日のポスターの作製に取りかかった。ようやく完成した。
今日はジョージとサムとベンも登場。だけどジョージは
早い時間に帰ってしまった。久々にいらした常連のKさんから
“仲間を連れてきたからマジックを見せて”とリクエスト。
早速お見せすることに。3人でいらしていたのだけど、
お一人の方は、少しだけ田んぼ?だけど、まだマジックを
観る体力は残っている、そんな状態だった。Kさんにはロープは
何度もお見せしているのだけど何回観ても凄いと言って下さった。
幾つかお見せした後に、1つマジックをお教えした。
やっぱり1時過ぎると、流石に皆さんお酒も回って来るよね。
私が一度試してみたいこと。それは自分が酔った状態で誰かの
マジックを観ること。果たして酔ってる人は、どんな感覚で
マジックを御覧になっているのか?知ってみたい気がした。
いつかチャンスがあったら、密かにやってみよう。

10月26日(木)

アクセサリーの箱の近くにおいてある小さなケースを発見。
本当はいつも目には触れていたのだろうけど改めて気が付いた。
中を開けて見ると、2001年12月の大会のときの
テクニカル、グレコロマンの銀メダルだった。
そうか・・・このとき準優勝してたんだ・・・。
最近は予選に残るのがやっとのテクニカル。
又、頑張らないといけないなぁ。今日はミーティングの日。
キャッスルのルーティーンの構成を練るのにエンドゥに
相談に乗ってもらった。そして何とか構成は出来てきた。
時間がないからピッチを上げて頑張らないと!(焦)

10月25日(水)

今日は京の日。早い時間はノーゲストだったので、
ボウリング大会の出場チームの表を作成していた。
10時過ぎてから、一気にお客さんが入り始めた。
久々にEチームもフルメンバーが揃った。
ある席でマジックをお見せした。リアクションが
良いお客さんだったから、エンジンがかかるのか?
今日はキレの良い演技が出来た。11月23日に
京で同窓会をやって下さるお客さん達が、下見に
いらして下さっていたのだそう。一段落して再び
ポスター製作の作業を再開しようと移動してたら、
カウンターにいたお客さんが、さっきのマジックが
気になっていたようで、少しお見せすることに。
子供の様に無邪気なリアクションのお客さんだった。
最近、ちょっと発見したことは、マジックを御覧になる
お客さんも、左脳で観るタイプと、右脳で観るタイプが
あるということ。右脳で観るタイプの方は、左脳で観る
タイプの方に比べてマジックをお教えしたときの飲み込み、
吸収するスピードが早い。今日お見せした2組とも
右脳派タイプだったので、すんなり覚えられていた。
特にカウンターのお客さんは超右脳派?で、スポンジが
水を吸収する様に驚くほど早い吸収力だった。だけど
いざ1人でやることになると、ちょっと戸惑われていた。
この発見は反面教師ではないけど自分を客観的に見る上で
非常に参考になる。右脳と左脳のバランスの良さを
鍛えるトレーニングをしなくては!

10月24日(火)

時間の使い方が下手だなぁ。とつくづく思う今日この頃。
1日は24時間あるのに、やるべきことが何も
進んでいない気が・・・(焦)Lさんは今年に入って、
もう何冊も本を仕上げているのに、私は全然、筆が進んでいないし、
キャッスルの演技も構成すら決まっていないし、
ハロウィンのマジックも、まだ具体的になっていないし、
リスの練習も中途半端だし・・・反省することだらけ(焦)
効率よく時間を使うことが出来るようになりたいなぁ。

10月23日(月)

昨日のミーティングで聞いたヘラクレスの話を
もっと詳しく知りたくなって、
ギリシャ神話の本に目を通してみた。こんなことが描いてあった。

山腹で家畜の番をしていた若かかりし頃のヘラクレス。
彼の目の前に2人の美しい乙女が近づいてきた。
1人は粗末な服を着たおとなしい娘、
もう1人は派手な服を着て、宝石を幾つもつけ顔には化粧もしていた。
派手な娘は元気良く近づいて来るとヘラクレスに言った。
「あなはた自分の人生をどう送るかを決める年頃になったのです。
私とお友達になりましょう。私は、あなたを一番たやすい、
そして楽しい道に案内してあげます。いろいろ楽しい思いをして、
苦労や難儀はしないですみます。あなたは他の人のことなど
考えもしないで、一生自分の楽しみだけ追っていけばいいのです」
「あなたの名前を聞かせて下さいませんか?」
「私を愛してくれる人達は私のことを“幸福”と呼びます。
私を好かない人達は別の名前で呼びますけれど。」
すると、もう1人の娘が近づいて来て言った。
「私も1つの道をあなたに勧めます。
あなたはメドゥサを倒したペルセウスの子孫。
立派な仕事をして後の世にまで名を残すべきです。
でも立派な仕事は努力と苦労なしでは遂げられません。
あなたは人々の為に役立つことを考えて、あなたの力を
正しく用いなければなりません。彼女の言うことを聞いては駄目よ。
あの人は“悪”とか“おろか”と呼ばれる人です。
努力と苦労なしでは、本当の喜びも幸福もありませんよ。」
するとさっきの派手な娘が言った。
「この人の言うことを聞いては駄目。
彼女は“徳”と呼ばれているけど、幸福に行き着くには
私の道の方がずっと楽で近いのです。彼女の道は辛くて長くて、
しかも幸福に行き着けるかどうか、それが怪しいのよ。」
しかし、“徳”は静かに言った。
「ヘラクレスさん。私達のどちらに従うか、お決めなさいな。
彼女の道は平らで優しくて、みんなが求めるのだけど、
つまらない喜びしか与えません。私の道は苦しくて辛いけれど、
ゼウスがあなたに望んでいるのはきっと私の道です。」


とても考えさせられる内容だけど、
この時代から基本はずっと変わらないんだね。

10月22日(日)

今日はエジプトの日程表を大まかに作製。その他にも
エジプトの資料をまとめてクイズに出来そうなものを抜粋してみた。
まだまだ全然未完成だけど、インターネットって便利だなぁ。
情報を集める上で非常に助けられている。
今日は焼き肉、ナムル、キムチ、サラダ、カルビスープ、ごはん、
バウムクーヘン&クリームと言うメニューにした。
デザートがケーキっぽいものだと、ちょっと重かったかな・・・?
エジプトの資料を作成した後、ミーティングの場所に向かった。
今日はヘラクレスの話とワールドトレードセンターの話や、
フォースの深い話になった。自分の意志で自由に選んでるつもりが、
その答えを選ばされている・・・そんな風に人を誘導してしまう技を
フォースと呼んでいる。実はこのフォースの達人達は
マジックの世界だけでなく、マジック意外のジャンルにも
もの凄く強いフォースの持ち主がいたりするらしい。
逆にマジック界よりも、他のジャンルに多く存在するという話で、
小泉前首相や、田中角栄元首相などなど・・・etc 強者揃い。 
ドイツ軍との戦いでイギリス軍を勝利に導いたマスキリンの話も、
2050年まで軍事秘密になっている様な、まだ世間一般では
知られていない凄い話も聞くことが出来た。マジックキャッスルには
沢山の凄い資料があると言うことを改めて知ったのだった。
先生が将棋のM先生のセコンドに付いて名人に導いた話も、
マスキリンがイギリス軍を勝利に導いたように、
諸葛孔明が蜀を勝利に導いた様に凄い面白いものだった。
そんな話の途中に、先生とリコレクションで勝負をすることに。
前回は負けてしまったので、今回は頑張らなくては!
何とか勝たせて頂いたけど、手加減して頂いてた様な気も・・・(^_^;)
もっと鍛えないといけないなぁ。

10月21日(土)

今日のカードセットは、50秒がなかなか切れなくて、
49秒が最高記録。昨日の40秒は幻だったのかな・・・?
今日は京の日。土曜日の雰囲気だった。将棋関連のお仕事を
されてる常連のお客さんがお連れの方と二人でいらした。
お連れの方はマジックを御覧になるのは初めてとのことで
早速お見せすることに。楽しい雰囲気でお見せすることが出来た。
幾つかお見せした後に、簡単なマジックをレクチャーした。
今日は輪ゴムがくっつくマジックもメニューに加えた。
そのマジックは、レパートリーに入れてから日が浅いので、
いまいち不思議さを伝えられなかったのだけど、
今日は良い反応をして頂くことが出来た。
柔軟性のあるタイプなので、お二人とも良い感じに出来る様に
なっていた。最後にエンディングマジックをお見せして、
その後、話の流れからテクニカルをお見せすることに。
カードセットを含め色々お見せした中で一番感心して頂いたのは
リコレクションだった。52枚を5秒の間に覚えることに、
とても感心して下さっていた。一概に5秒が良いとも限らず、
意外と3秒とか1秒とか、時間をかけないときの方が
良い記録が出たりする話もした。
「マジシャンって、こんなに奥が深い世界なんですね。
将棋の世界も深いけど、マジックも見えないところでは、
こんな凄いことをやっているんですね。」
とおっしゃっていた。今日お見せした全てのものの中で、
リコレクションが一番強い印象を残した様だった。
不思議な現象が起こることのない、私達にとっては、
当たり前の練習風景が、一般の人の目には、当たり前のものでは
ないんだなぁ・・・と感じたのだった。

10月20日(金)

今日はカードセットで自己新記録、40秒83が出た。
嬉しくて、しばらく固まってしまった。と同時に、
あともう1秒早かったら、30秒代だったのに・・・
と言う欲も出てくるものだったりする。
欲張らずに着々と頑張らなくては行けないよね。
今日は京の日。今日は全体的な流れが前半寄りだった。
マジックをお見せして、一段落すると
「さぁ、マジックも1つ覚えたし、そろそろ帰ろうか」
と帰られてしまう組が多かった。スタートも早く、
お帰りになるのも早く、何だか金曜日っぽくない金曜日だった。
ある初めていらしたお客さん、2組同時にお見せした。
カウンターで隣同士の席なのだけど、3席くらい開いていた。
その間で演じた。1人の方はショーが進むごとに1席ずつ、
イスを移動されて来ていた。初対面のお客さん同士仲良く
御覧になって下さっていたので良かった(*^_^*)
幾つかお見せした後に輪ゴムをレクチャーし、最後に
エンディングのマジックをお見せして締めくくった。
その後、常連のIさんの所で新ネタをやろうかなぁと思い、
色々考察していた。3カードモンテをやろうかどうか迷い、
いったん手順を確認した。考えながらコインロールをしていた。
すると先程、マジックをお見せした方が
「さっきマジックをしていたとき以上に真剣ですね。
流石プロの先生。常にトレーニングなんですね。」
とおっしゃっていた。手順の確認をしてるときは、
余裕がないから、真剣そうに見えてしまったのかも(焦)
これは良いのか、悪いのか・・・?
今日はIさんには、まずカップ&ボールをお見せした。
京でカップ&ボールを演じるのは、これで2度目。
1度目はジョージに見て頂いた、カップ&ボールとレモンビル。
全体的にバタバタな感じの演技だった気が・・・(焦)
あのときはレモンから出たお札のインパクトで、
何とかまとまった様なものだったかもしれない。
今日お見せしたIさんは、いつもよく面白いお菓子を持ってきて
下さるので、今日はエンディングでお菓子を出現させた。
ひょっとしたら暖かい目で見守って下さっていたのかな・・・?
どうなんだろう・・・?まだ包容力のある優しいお客さんにしか
お見せしていないので、演技に甘えがあるかな(焦)?
まだちょっと掴めていない状態。お菓子が出たら何となく
エンディングっぽい雰囲気でまとまってしまったので、
完成していない3カードを中途半端にやるのはやめておこう。
この演技は、もっと場数を踏んで完成させないといけないなぁ。

10月19日(木)


今日はトニーローマの日。六本木まで向かった。
ハロウィンの飾り付けがされた店内は、とても華やかだった。
食事を頂いてから、テーブルホップ開始。
外人さんも多いので英語でマジックを演じるチャンスも多い。
スタートして2~3テーブル回っているとき、
あまり演技のキレが良くないことに気が付いた。
何とか変えないと・・・。何とか修正出来てきて一安心。
今日は混雑していたので結構沢山の席を回ることが出来た。
ただ料理とのタイミングが難しい。
ショーが終わってからミーティングに向かった。
今日はみんなでテクニカルの練習をした。
その後、山手線ゲームで“47都道府県”と“88の星座”と
“アメリカ50州”の名前を挙げていった。星座は難しい・・・。
アメリカも39州しか名前が出てこなかった(焦)
それなだけに47都道府県が全部出揃ったのは気持ちよかった。
今日は歩きだったので、ミーティングが終わってから歩いて帰宅。
途中で変な人に追いかけられてしまって恐かった・・・(>_<)
物騒なので皆さん夜道を歩くときは気をつけましょう。

10月18日(水)

今日は京の日。韓国からいらしているお客さんに
マジックをお見せした。定番通りロープから始めた。
次はカードマジック。1枚カードを選んで頂いた。
「このカード、このまま当てることって出来るの?」
と訪ねられた。何のカードを選んだのかが分かって
いたので、返してもらわないで当てる方法にした。
「えー?もう一回やってみても良い?
これって、切った状態でも出来るの?」
ということになったので、ひとまずカードを切って頂いた。
そしてカードを選んで頂くのだけど、同じパターンが2回
続くのは何となく面白くない気がしたので、今度は
52枚の中からたった1枚、自由に自分の好きなカードを
選んで頂いた。切った状態だと探すのは、なかなか難しい
と言うシチュエーションで、いったんAのマジックをお見せし
選ばれたカードをエンディングで出現させるマジックを行った。
不可能と可能の差が大きく見える様に演出することが出来ると
更に不思議さをアップさせることが出来る場合もあるんだなぁ。
ダートは、その場で流れが変わるから面白い。
今日は3人の外人ミュージシャンが常連のお客さんと共に
いらした。到着して間もなく、いきなりショータイムが始まった。
エレキギター、アコースティックギター、太鼓(?)の演奏と
共に唄が入り、やっぱりプロの演奏というのは良いもんだなぁ。
途中、インストロメンタルでベンチャーズの曲も演奏された。
そのメンバーの方の1人がベンチャーズのメンバーと友達だそうで、
この曲がレパートリーに加えられていたのだそう。ベンチャーズは
子供の頃、お父さんが持っていたレコードで聴いたことが
あったけど、生でこの演奏を聴くのは初めてだったので感動した。
やっぱり生演奏は迫力があるなぁ。ショーをやる方達は踊りながら、
ハイテンションでショータイムを行っている。まったりとした
空気の中でも、彼らが一生懸命やってるのを見るうちに、
観る側の温度も上がってくる。ショーマンは、こうして
会場の温度を暖めながら、観客達を引っ張って行かなくては
行けないんだと言うことを勉強させられた。
1曲目にポピュラーな曲、2曲目に思いっきり盛り上がった後に、
エリック・クラプトンのバラードで締めくくると言う3部構成。
たった3曲なのに、しっかりと見応えのある構成になっていた。
流石プロだなぁ。今日は貴重な体験が出来てラッキーな日だった。

10月17日(火)

今日は、ゆうき屋の日。今日は満員状態だったので、
外の廊下で待機していた。マンションの1Fにあるので、
住人の人の出入りも多い。きっと怪しい人だと思われて
いるんだろうなぁ・・・。そんなことも気にせず、廊下で
色々やっていたら「何やってるんですか?」と興味深そうに
訪ねて来た男の人がいた。ゆうき屋でマジックショーを
していて店がいっぱいなので、ここで準備をしている話をした。
「え?マジック?見たい見たい」と言うことになった。
本来、店の外で見せることは、してはいけないことだけど、
公共の場で住人の方に迷惑をかけていることもあったので、
たった1つだけお見せした。とっても良いリアクションだったので、
「毎週、火・木は、ここでマジックショーをやってるので、
時間があるとき、見に来て下さい。今度はもっとゆっくり
お見せしますよ。」と宣伝しておいた。
幾つかの席でマジックをお見せした。どの席も客層が良い。
ある団体のお客さんのところでマジックをお見せしたとき、
1つのマジックのエンディングでカードをスプレッドした。
ちょうどそのときに、ビックリしたお客さんがカードにビールを
こぼしてしまった・・・・・(焦)スプレッドした状態のまま、
水浸しになってしまったカード。数年前にもこんなことが
あったなぁ・・・。彼の隣の席に座っていた女性は服が
ビールまみれになってしまって、もっと大変な状態に。
その隣の席のお客さんの所でマジックをお見せした。
久々にポットの演技をやった。液体ものは強いなぁ。
幾つかお見せした後に輪ゴムをお教えした。一段落する頃に
ちょうど良い時間になっていたので、帰り支度を始めた。
“窓際の席でも1つだけ何かやってあげて”とのことで、
軽くマジックをやることに。最近、お店側から見せる
タイミング等をプログラムして頂けている。料理、お酒、
会話の状況、等など・・・etc マジックをお見せする上で
ベストなタイミングを見て頂けて非常に助かる。
“あの席は行かなくて良いよ”と言われた席があった。
どうやら、酔って絡んで来る達の悪いタイプのお客さんらしい。
後で知ったのだけど、窓際の席のお客さんが、
その達の悪いお客さんだったらしい。店側が気を使って下さって
いたのか?その席には行かないですむように配慮して下さって
いたみたいだった。だけど色んな席でマジックをやってるのを見て、
きっと興味を持ったお客さんがオーナーにリクエストしたのかも
しれない。私がそのお客さんにお会いするのは初めてだったので、
普通にお見せした。行ってみると、ただただ普通のダートだった。
リングを持っている様だったので、知った上であえてお見せ
しましょうとリングもお見せした。
「最後のこの2本は絶対に取れないんだよ」と自信満々に
おっしゃったところを最後のその2本もバラバラにしたら
大騒ぎになっていた。ただ時間がもうオーバーしていたので、
その場で締めくくって店を後にした。
帰り道、オーナーと一緒の電車になり、
「あのお客さん、今日は、そんなに絡んで来なかったけど、
いつもはもっと酷いんだ。31日はまた来ちゃうかもしれないな。」
と心配して下さっていた。それはそうと31日はハロウィンなので、
色々アイディアを練らないと行けないなぁ。

10月16日(月)

子供の頃の生まれ育った環境というのは大人になってからも
大きく影響するものだったりする。
たった1つの与えられたおもちゃを凄く大切に出来る子供と、
有り余るおもちゃをおもちゃ箱の肥やしにしてしまう子供と。
大人になって“おもちゃ”が“チャンス”と言うものに
変わったとしたら・・・。与えて頂いた沢山のチャンスを
どれも中途半端に食い散らかしてる自分がいるような気がする
今日この頃。ちゃんとしっかり頑張らないと(焦)

10月15日(日)

今日はレーティング大会の日。
だけど、やる演目が決まっていない・・・(焦)
そんなわけで赤デックと青デック2つ持って会場へ向かった。
ギリギリに決まるのは毎度のことになってしまっているけど、
今日は特に酷かった。現場に到着してもまだ、何をやるか
決まっていなかった。演技が始まるまで落ち着かなかった。
何をやるか、全く決まっていない状態で、あれこれ考えていた。
テクニカルでは、カードセットで30秒代が3人も出る
時代になって来たんだなぁ。私はまだ、50秒がなかなか
切れずに足踏み状態。
やばい(>_<)どんどん差が付いて行ってしまう。
演技の方も、何とか今日1日をこなしたと言うものに
なってしまった(焦)見に来て下さった方、ごめんなさい。
それはそうと、KEISUKE君、凄い成長したなぁ。
演技もそうだけど、ディーラーを始めてから、
表面に滲み出る風貌も、ちょっとずつ風格が出てきた感じがした。
カナカナも以前より、フットワークが軽く好印象の強い
スタイルになっていた。みんな、どんどん成長して行くんだなぁ。
私も頑張らないと・・・・・(焦)

10月14日(土)

今日は京の日。到着すると既に何組かいらしていた。
初めていらしたお客さんにマジックをお見せした。
リアクションが静かだったので楽しんで頂けてるのか、
ちょっと心配だった。幾つかお見せした後、簡単なマジックを
少しお教えしたりしてるうちに、楽しんで頂けてることが
伝わって来たので一安心。お教えしたマジックを宴会に使うと、
張り切って練習して下さっていた。
その後、囲碁の好きなグループのお客さんからマジックの
リクエストが来たので、初めていらした方を中心に
マジックをお見せすることに。
「カードが良い」とのことで、カードからお見せすることに。
何時もと違った流れが出来た。色々やってるうちに常連の方が
「穴の開いてるカードのマジック。あれやってよ。」
とリクエスト。どうやら、リンキングカードのことらしい。
リクエスト通り、リンキングカードをお見せした。
その後、話の流れからテクニカルをお見せすることに。
カードセットをお見せすると“自分もやってみたい”と
3人の方がチャレンジされていた。お酒が入った状態で
最後までやり遂げるのは凄いなぁ(感心)1人の方は
ちょっとはまった様で「カード買って家で練習しよう」
とおっしゃっていた。カードはどんなのが良いかと
訪ねられたので、カジノBeeをお勧めした。 
そうこうしてる間に、アッと言う間に帰る時間になっていた。
時間が経つのが早い1日だったなぁ。

10月13日(金)

今日は四国に帰ってしまったSさんが久々にいらした。
お会いするのは、恐らく1年ぶりくらい。
Sさんだけでなく、このメンバーに会うのは久しぶりだった。
“久々に何かマジックを見たい”とのことで、
早速3シェルから始めた。思った以上に良いリアクションだった。
今日はギャンブルテイストで演技をまとめた。Kさんは先日
覚えて頂いたパドルマジックを披露されていた。
結構、練習された様で綺麗な演技だった。
今日は将棋の駒のカードを使ったコインの出現のマジックを
覚えて頂いた。その後、1人の方が将棋の扇子を取り出して
「これを使って出来るマジックって何かある?」
と訪ねられたので、とっさに扇子から沢山のコインが出現する
マジックをお見せした。その場のノリでやってしまったのだけど、
インパクトは強かったみたい。マジックが一段落した後、
Sさんと久々に1局指すことに。私もしばらく将棋を指して
いなかったから、将棋弱くなったかな(焦)
将棋も頑張らないといけないなぁ・・・(^_^;)

10月12日(木)

今日はエンドゥの実家から送って頂いた女川港のサンマが届いた。
お刺身で食べられる程、新鮮なサンマは大好評だった。
新春のエジプトでは、見聞を広めると共に面白い映像を作ることが
テーマになっている。そんなわけで、エジプト行きに向けて、
11年前の初夏に先生が監修した
「オーストラリア・ミステリーツアー」(NHK)の番組の
ビデオを参考資料として見た。この番組を撮影している時期、
私は既にウィザード・インに出入りしていた。だけどまだ、
マジシャンではなかった。この番組を初めて見せて頂いたときは、
マジックの知識は何もない真っ白な素人状態だった。
マジックの知識がなかった当時、そしてマジックを始めて
10年経った今。その同時期に同じ番組を見たのは、ちょっと
貴重な体感かもしれない。マジックの知識が何もない自分
と言うのは、今となっては幻の感性。同じ番組を見て同じ所で
面白いと思うこともあれば、気付かなかった面白さもあった。
逆に見た目の豪華さや演出・音楽だけで、凄いと思っていた演技が
今見ると、足りないものが多いことが分かったり・・・。
分からなかったことが、分かる様になっていた。
今は誰が一番力のあるマジシャンなのかが、ハッキリ分かる。
この番組は今見ても色あせることなく面白い。
2時間スペシャルの中にさり気なく面白くマジックが登場している。
TV曲は、マジックを使ってこういう番組を作れば良いのに・・・。
エジプトで面白い映像が撮れる様に今から色々内容を練らなくては!


10月11日(水)

今日は、えぼ鯛、マグロの山かけ、かぼちゃの煮物、お新香、
栗ごはん、おみそ汁、梨と言うメニューにしたのだけど、
人数が多いと小皿がちょっと足りない・・・?
今日は京の日。到着して、しばらくすると占いの先生と
弟さんがいらした。以前、C先生のお祝いのパーティーを
京でやって頂いたことがあった。大人数だったので、
サロンマジックを中心にお見せしたことがあったのだけど、
そのとき演じた紙袋の演技が、よほど印象的だった様で、
お会いする度に“あのマジック良かった”と言って下さる。
そしてC先生の弟さんは大のマジック好きでマイカードを
持ち歩いている程。彼は以前どこかの教室でマジックを
習っていたことがあったのだそうで、新聞紙に水を入れる
マジックを始め、結構色んなレパートリーをお持ちの様。
だけど、その頃習っていたクロースアップマジックは、
ギミックを使うものが中心だったそう。ギミックのない
マジックをやってみて、その良さを知り練習中なのだそう。
今日も簡単なものを1つお教えした。1つのマジックを
50回練習するのが課題なのだそうで、今日お教えした
マジックも回数を数えながら練習されていた。帰り際に
「あと45回、家で練習しなくちゃ」とおっしゃっていた。
熱心だなぁ(感心)

10月10日(火)

今日は、新春のエジプトに向けてスケジュールを
建てる為、まず日程表を作製。エジプトと言えば、
カップ&ボールの壁画が残されている地でもある。
残念ながら、その壁画があるベニハッサン村は現在、
危険区域の為、行くことは出来ないけど、沢山の
歴史的建造物を観ることが出来る。ワクワクするなぁ。
今月末の、ゆうき屋に入る日は、ハロウィンなので、
ハロウィンマジックも考えなくてはいけないし、
勿論、キャッスル用に英語の演技も完成させなくては
いけないし、年末に向けてステージのルーティーンも
増やさなくてはいけないし、英語の本の原稿も
進めなくてはいけないし・・・効率が悪いのでなかなか
思うように進まない(焦)今日、ほんのちょっとだけ
進んだのは英語の演技と、エジプトのスケジュール。
きっと進行表でも作って計画的に進めないと時間だけ
無駄に過ぎ去ってしまう様な気が・・・。
先日、リコレクション用のカードを変えてから記録が
ちょっと悪くなったので、今日はその原因を検証した。
カードによって質が違うので、まだその特性を掴んで
いなかったことを発見。リフルのときの力加減が上手く
出来ていない為、ちゃんと見えていなかったのだった。
まだまだ研究が必要だなぁ。

10月9日(月)

恵まれた子供時代を過ごしたんだなぁ・・・と
大人になってから、しみじみ思う今日この頃。
学校から帰ったら、いつもお母さんは手造りのおやつを造って
待っていてくれた。その他にもピアノの練習をみてくれたり、
可愛い洋服や小物を作ってくれたり、英会話教室のときも車で
送り迎えをしてくれた。お父さんは夕食のときには
必ず帰って来て、くだらない子供の遊びにつき合ってくれたり、
休日には家族を色んな所に遊びに連れていってくれた。
優しかったお祖母ちゃん。お花好きなお祖母ちゃんが
庭を手入れしていた頃は、バラ、コスモス、ツツジ、
チューリップ、ひまわり、ツバキ、ボタン、ゼラニウム、貝殻草、
白梅、紅梅、サルビア、朝顔、おしろい花、パンジー、キキョウ、
キンモクセイ、シクラメン、キンギョソウ、かすみ草・・・etc  
庭には年間を通じて色んな花が咲き乱れていた。
よくケンカもしたけど気兼ねなく一緒に遊べる可愛い弟。
何時でも一緒に遊んでくれる遊び相手がいた。
2Fのベランダには、子供サイズのプール、ブランコ、
ゴーカートがあって何時でも好きなときに遊ぶことが出来た。
馬の乗り物、沢山のぬいぐるみや、おもちゃ。
それが普通だと思って過ごしていた幼少の頃。
大人になってみて、そんな環境を作ってくれたことが
凄く有り難いことだということが分かって来た。
何か親孝行したいなぁ・・・・・。

10月8日(日)

年末に向けてステージの演技を少しやらなくては、
と思い、今日は少しステージのルーティーンを考えた。
チェック用に映像を撮ってみたのだけど、まだまだ
完成には遠い・・・。今日はミーティングの日。
いつものレストランで集合した。新春にエジプトに
行くので、スケジュールを話し合った。
今日はリコレクションのトレーニング用のカードを変えた。
まだカードに慣れていないので記録がいまいち・・・。
今まで、あまりちゃんとやっていなかったけど、
競技毎にベストなカードを選ぶことも真面目にやらないと
いけないなぁ。

10月7日(土)

今日は京の日。到着すると既に何組かいらしていた。
土曜日はスタートが早いなぁ。土曜日恒例の碁愛好家チーム。
何人かでいらっしゃると大抵、数人は碁を打ち、
数人はその対局を見ながら呑まれている。碁を打っていない
お客さんにマジックをお見せすることに。まず定番の演技を
お見せして、その後、輪ゴムのマジックをお教えした。
この時点で結構満足されてる様子だったけど、
昨日再認識したデザートの後の一品を付け加えた。
やっぱりキリッと引き締まる。まだ慣れないので、
ついついいつものペース配分になりがちだけど、
だんだんと、この構成に慣れるようにして行ける様にしよう。
その後、カウンターチームのMちゃんと上司のYさんの
所で少しお見せした。2人で知恵の輪に夢中になっていたので、
“輪”をテーマに幾つかお見せした。その後は恒例の
レクチャーマジック。恐らく早い時間から呑まれている様なので、
あまり複雑なものではない方が良いかな・・・。
そんなわけで、ポーカーチップのマジックをお教えした。
知恵の輪に夢中になっていたその興味が、マジックの練習に
ベクトルを変え、夢中に練習されていた。以前Yさんには
割り箸を使ったパドルのマジックをお教えしたことがあり、
Yさんは、そのマジックを思い出した様で、再びその練習を
初めていた。そのとき、彼オリジナルの演出があった。
Yさんは割り箸の先に黒いボールペンで小さな丸を書いて
Yさん自ら考案(?)した“ハナクソ・マジック”を披露。
最初は両面何もない割り箸に、鼻息を吹き付けるとハナクソが
付いて、それをMちゃんの服で拭くとハナクソが取れて、
またそのハナクソを割り箸に戻す・・・そんな演出だったのだけど、
以前より更にパワーアップしていて面白すぎて、みんな大笑い。
綺麗かどうかはおいといて結構、緻密に完成されてて見事だった。
その後、カウンターチームのSさんがお連れの方と一緒に登場。
初めていらした方もいたので、定番のルーティーンから始めた。
Sさんは常連中の常連さんなので、定番のルーティーンを
お見せすることは、しばらくの間、なかった。ロープを始めると
「懐かし~い」と、おっしゃっていた。幾つかお見せした後、
レクチャーマジックを行った。Sさんは超常連さんなので、
マジックも色々覚えて頂いた。今までやっていないものは何か
検索した。ひとまず、やっていないものがあったので、
そのマジックをお教えすることに。忘年会で役に立つと良いなぁ。
ひとまず一段落して、しばらく雑談をしていた。忘れた頃に
お連れの方から「コインのマジックも出来るんですか?」と
訪ねられた。いつもの習性で、コインをパームしながら
過ごしていたので、空の手からコインを出現させるマジックを
お見せしたら、凄い驚かれていた。
一瞬ほんのちょっとだけ、マックス・マリニに近づいた様な、
そんな気分になってしまった。マックス・マリニはもっともっと
全然凄い人なのだけど・・・(焦)
その後、そのコインを使ってコインロールやマッスルパスを
お見せした。こんな風に飛ばすと言うやり方をお教えすると、
みんなやってみたくなる様で、みんな練習されていた。
お連れの方は、帰るまでの間、くじけることなくずっと
練習されていたので、結構コインが動く様になっていた。
ピエールさんのファンなのだそうで
「ピエールさんに会うときまでに出来る様になりたい」
とおっしゃっていた。マジックをやってる人はマッスルパスが
どれ程大変か分かっているので、きっとビックリするだろうなぁ。

10月6日(金)

今日は京の日。雨が凄いのでバスで向かった。
こんな天気だから今日はお客さんは少ないかなぁ・・・
と思いきや、程良いバランスでお客さんがいらして下さった。
常連のKさんとお連れの方の所でマジックをお見せした。
演技の後、1つカードマジックをお教えすると更に違った
感心をされていた。だけど何だか締まりのない終わり方に
なってしまった(焦)やっつけ仕事の様なクオリティーの
ショーになってしまったかも(>_<)しっかり構成を練らないと
満足感を与えられないので、気を引き締めなくては・・・。
その後、初めていらしたお客さんの所でマジックをお見せした。
定番のルーティーンは、やっぱり安定感があるなぁ。
今日改めて気付いたのは、デザートの後の1品の重要性。
デザートの後に一品加えることで奥行きを出せる様な気がした。
これからはしばらく、この構成で組んでみよう。
その後、久々に総統の所で少しマジックをお見せした。
リングとムーン&スターを組み合わせたものを演じたのだけど、
このルーティーンは、何時も音楽に合わせて練習していたので、
台詞がちゃんと完成していない。ちゃんと完成させないと(^_^;)
反省点の多い今日の演技。その後、艦長、そして何と金沢から
コダイさんも登場。本当に久しぶりの全員集合だった。
今回のギャモンの大会に向けて今日から東京に来たのだそう。
こういうときでないとなかなか会えないので、
良いきっかけを作ってくれたなぁと思うのだった。
人手が少なかったので、あまりお話出来なかったけど
元気そうで一安心。明日には雨、止んでくれると良いなぁ。

10月5日(木)

今日は、ゆうき屋の日。今日も又、雨だった。
到着してから、いつもの様に窓際の席で待機。
入り口側は、一面がガラス張りになっている。
窓際に7~8人座れるテーブルがあり、その席は
外から見るとスポットライトを浴びている。
“そこで何かやってると外を歩く人達の興味を引くから
その席で何かやってて”とのことで、大抵いつも、
そこで何か練習をしながら待機していることが多い。
今日は雨が凄かった為、客足も少なかった。時間を空けて
トータルで3組だった。しかも1組は1人で
いらした年配のお客さんで、マジックは苦手だと
言う方だったので、念の為挨拶代わりにサラッと
軽くお見せしてみた。やっぱり、苦手そうだったので
リング、コイン、ジャンボコインをお見せする程度に
しておいた。ジャンボコインのとき、ようやく
良いリアクションが来たので、ちょっとホッとした。
半ばちょっと強引に見せてしまった感じだったので、
その後は少し雑談をした。野球が大好きな方で現在
74才で今でも野球のチームで練習をしているくらいの
野球好きなのだそう。彼が若い頃は会社に行って仕事を
しないで野球をやらせてもらった、そんな話を聞かせて頂いた。
私の友達もセミプロの野球の選手がいたので、その話を
したら目の輝きが一変した。某企業の野球チームに所属
していた友人は会社に着くと午前中は会社で仕事をして、
午後からは野球の練習をする、と言うのがいつもの
スケジュールだったのだそう。私がその友達の話を
しているときのお客さんの表情は実に良い表情だった。
彼がお帰りになった後、しばらく窓際の席で再び待機。
入り口が開けっ放しになっているので、外を歩いていた人と
目があって、その人が店に入って来たので、笑顔で
「いらっしゃいませ」と言ったら、オーナーが出てきて
「今日は、もう店閉めたから」と帰していた。
ひょっとしたら、困ったタイプのお客さんだったのかな?
オーナーに追い返されて、渋々と帰って行った。
だんだんと帰る時間が近づいた頃、オーナーから、
先日やったライジングのマジックが見たいと言うリクエストが
あったので、お見せした。その直後に1組お客さんがいらした。
オーナーはライジングが凄くお気に入りの様で、
“これ、やってあげて”と言われた。
そんなわけで急いで次のセットを準備。帰る時間になって
しまったので慌ただしくなってしまったけど、何とか一通り
お見せすることが出来た。ちょっと時間をオーバーして
しまった・・・(焦)急いで渋谷に向かいミーティングに合流。
先生に新しく作ったマジックを見て頂いた。するとすぐに
アドバイスを頂くことが出来た。これから、これを自然に
見せられるように手順を考えなくては。

10月4日(水)

今日は京の日。
今日は何故かパウエル君(リスの手人形)も一緒に行った。
スタートが早く到着すると既に何組かお客さんがいらした。
将棋好きなKさん達のところで軽くお見せすることに。
「いつも毎回違うのをやるよね。
同じのを観たことがないよ。凄いなぁ。」
と感心するKさん。だけど・・・
多分そんなことないんだけどなぁ・・・(苦笑)
前にもお見せしたことのあるものもあるはずなんだけど、
同じのではない様な印象に見えたのでしょうか?
その後も、初めていらした碁の好きなお客さんの所で
マジックをお見せした。リアクションが良いので
楽しい雰囲気でお見せすることが出来た。
今日は、久々に総統が登場。パウエル君で色んな表情を
作って遊んだ。総統曰く鍋掴みを使うと面白い表情が
出来るのだそう。今度試してみよう。
帰り際、常連のお客さんの所でマジックをお見せすることに。
ムーン&スターの演技で意外な所で驚きの声が出るのが
ちょっと不思議な感じがする。帰る時間が迫ってしまい、
何だか慌ただしいまま、雰囲気を締めることなく
ズルズル終わってしまったなぁ・・・・・(焦)

10月3日(火)

奥入瀬では経験豊富な先生や、マスターから
普通では体験出来ないような色んな話を聞くことが出来る。
今日印象に残ったのは、ある1つの名曲が誕生するときのエピソード。
湘南海岸で、潮風の中、弦が切れてしまい、
3本しか弦がなくなってしまったギター。
それでも気にすることなく、K氏は出来上がったばかりの
その曲をみんなに聞かせたのだそう。それは私達が
“新しいマジックが出来た”と言って見せ合う様に。
まだその当時、歌詞が出来上がってるのはサビだけで、
それ以外は全然詩が出来ていない状態だったそう。
メロディーラインを適当な、言葉にならないような詩(?)で
唄ってフィーリングを表現したK氏。
その曲の名は「いとしのエリー」後に世間で大ヒットした曲だった。
又、大物歌手のMさんは、調律の狂ったピアノでも気にすることなく
「ピアノなんてあれば良いのよ。あれば。」
と言って調律の合っていないピアノで演奏を始めたのだそう。
♪小さい頃は 神様がいて♪
ワンフレーズ唄ったその瞬間、場の空気が変わり周りを
圧倒したと言う、そんな話を聞いた。
“弘法は筆を選ばす”ではないけど、本当に凄い人は
道具を選ばないんだなぁ。その場にあるものでも何とか
出来てしまうものなんだと言うことを考えさせられた。
南の島に流れ着いた38枚しかないようなミッキーマウスの絵の
子供用のトランプ。そんなトランプでも何かマジックが
出来なくては行けないんだろうね・・・そんな話題になった。
52枚揃っていない、塩水を吸ったトランプで、いったい
どんなマジックが幾つ出来るんだろう?

10月2日(月)

昨日はカードセットで自己新記録が出た。44秒。
今まで考えられなかったタイム。実は今も信じられない・・・。
カードセットが早い人の映像を撮らせてもらい、
その映像を見て、その直後にやったら、なんとそんな
記録を出すことが出来たのだった。その映像の何かが
影響していたことは確か。その後、何度か計ったのだけど、
やっぱり49秒~50秒代。あれは何だったんだろう・・・?
切りが甘かった分けではなかった奇跡の44秒。
それはそうと今日は遂に先生とドチャクが長旅から帰って来た。
ピースボートでの話は聞いているだけでワクワクして来る。
先生は、とても博学な方なので、マジックのみならず、
将棋、格闘技、星の話、三国志の話を始め、船内で映画を
撮ったり、人生相談に至るまで引っ張りだこだったのだそう。
私が得に心惹かれたのは星の話。大西洋に浮かぶ船の上で
空満点の星空を見上げながら、星の神話を聞くのは、
しびれるくらい魅力的なイベントだと思う。
きっと船で世界中を航海していた昔の貴族や冒険家や海賊達も、
同じ場所で同じように空満点の星空を眺めていたんだろうなぁ。
先生とドチャクが船を降りるとき、今までにない程の
感動的な別れだったのだそう。別れを惜しむ人達から
投げられた紙テープの山。その数はそれぞれが約50本くらい。
その紙テープの束に引きずられて、海にズルズル引き込まれ
そうになるドチャク。話を聞いてるだけでも感動して来るなぁ。



10月1日(日)

今日から遂に10月。今日のミーティングは
ラジオのテスト収録の第3弾を行った。
その後は、エンドゥに撮影をお願いして、
今、練習中の演技を映像に納めた。
何故だか最近、ステージのリングのマジックの練習が
面白くて、その練習に熱くなってしまっている。
気付くと何となく、そのマジックの練習がしたくなって
しまう自分がいて、ここ最近、その練習ばっかりに
なってしまっている・・・(焦)
明日は、ようやく先生とドチャクが長旅から帰って来る。
お土産話が楽しみだなぁ。
プロフィール

ミュウ

  • Author:ミュウ
  • マジシャンMistyミュウの日記!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク