1月31日(水)

今日はジョージが早い時間から登場。
いつも日記を読んで下さっている様で、
先日の新年会でのショーの話になった。
その後にも、色んな種類のシチュエーションにて
マジックを見せる話題になった。
例えば、お酒を呑んでるお客さんにお見せするとき、
呑むお酒の種類によっても良い具合が違う話や、
数人のお客さんがいて、それぞれ良い具合が違うとき、
どの人を中心に演技を組むかの話や、
時間帯によってお客さんのマジックを見る体力が
どのくらいあるかと言う話や・・・etc
そんなマニアック(?)な話をしていた。
総統とお連れのお客さん登場。せっかくなので
少しマジックをお見せした。1つマジックをお教えすると
非常に飲み込みが早くすんなり覚えていらした。
その後、碁の好きな先生方の席でマジックをお見せした。
簡単なマジックを1つ教えて欲しいとのことで、
魔法のじゅうたんのマジックをお教えした。
皆さん、とても楽しそうに練習して下さっていて一安心。
あのマジックって簡単な上に練習してて楽しいみたいだね。



スポンサーサイト

1月30日(火)

今日は特に営業が入っていなかったので、
エジプトで撮影した映像の編集作業を行った。
改めて見て、こんな所に行ってたんだなぁと思う。
また行きたいなぁ。

1月29日(月)

今日はウィザーズナイトの練習日。
段々と完成度も高くなって来た。
エジプトから帰ってきて約1ヶ月。
今回のエジプトでは色んな発見があった。
そのうちの1つは感動は人から押しつけられるものではなく、
そこにあるものを見て人は勝手に感動するものなんだなぁ
と言うことを肌で感じた。理屈ではない、言葉に出来ない
何かに心を動かされ、その感動が一体どこから来るものなのか
分からない。それでも強く心に感じる何かがある・・・。
エンターテイメントも、そうあるべきなのだと改めて思うのだった。
そんなショーが出来るようになりたいなぁ。

1月28日(日)

今日はミーティングの日。
久々にエスティメーションをやった。
ボロボロ・・・。
カードセットも最近、調子が悪くて50秒を切れないことが多い。
大会も近いのに・・・(焦)
焦らず落ち着いて頑張ろう。

1月27日(土)

今日は京の日。和室ではいつもの様に碁の好きな
お客さん達が碁を打たれていた。前回、輪ゴムのマジックを
お教えした方が碁を打ちながら片手では輪ゴムの練習をされていた。
あれからずっと練習して下さっていたとのことで、
上手く行かないポイントを質問された。コツをお教えすると
すんなり覚えてしまい、かなり綺麗に出来る様になっていた。
今日は一体何の日なのか?途中から一気に、もの凄い勢いで
混み始め満席状態になっていた。
ある席でマジックをお見せすることに。結構長い時間呑んで
いらした様で、まったりと良い感じに出来上がっていた。
マジック観る余裕なるかな・・・?様子を見ながらお見せした。
実際お見せしてみると、もの凄く食い付きが良く、
派手なリアクションが返って来た。この瞬間、自分はしっかり
仕事しているんだなぁ、お店の為に貢献出来ているんだなぁ
と言う実感を得ることが出来るのだった。

1月26日(金)

今日は、ある会社の新年会にてマジックショー。
今回は緒川さん、小林さん、私とで出演させて頂くことになった。
音響で少しアクシデントがあったけど、流石緒川さん。
テンションを変えることなく、ショーを進めていた。
私は紙袋、ロープ、イリュージョンで出演。
緒川さんと小林さんと一緒だと安心してショーを
やることが出来る。ショーが終わってからは奥入瀬に集合。
今度の大会に出場するSさんの演技をエンドゥと一緒に
3人で作ることに。途中でアイディアが煮詰まってしまった。
1つの演技を緻密に完成させるって難しいなぁ。
緒川さんは明日、日本を発ってしまうので今のうちに
色々聞いておかなくてはいけない。
先日エジプトで先生に作って頂いたルーティーン。
結構、難しいスキルが多いので実現させる為には、
まず手順を出来る様にならなくてはいけない。
お疲れのところ、申し訳ないなぁと思いつつも色々教えて頂いた。
エジプトのルーティーン、綺麗に演じられるように
じっくり仕上げて行かなくては。

1月25日(木)

今日は、ゆうき屋の日。到着すると既に1組
お客さんがいらしていた。まず、いつもの様に
準備して頂いた食事を頂いた。今日は甘海老の
お刺身まで出して頂き、とても美味しかった。
今日も幾つかの席でマジックをお見せした。
ゆうき屋は、落ち着いた雰囲気の時間が流れているので、
ゆったりとお見せすることが出来る。
今日も、ゆったりとしたペースでテーブルを回った。
ゆうき屋の後は、渋谷でミーティング。
今日は緒川さんも来日しているので、緒川さんを迎えての
豪華なミーティングになった。アンドゥが風邪で
来られなかったのが残念・・・。明日は遂に大きなショー。
今から準備をしなくては。

1月24日(水)

今日は京の日。常連のMさんが団体でいらしていた。
少し簡単にマジックをお見せすることになった。
Mさん自体、マジックはあまり好きではないので、
ちょこっとだけやって欲しいと思っている雰囲気だったので、
少しで終わらせようと思って短めにまとめた。のだけど・・・
困った(?)ことに、お連れの方達は凄く興味津々で
凄い盛り上がってしまった。一応キリを付けて締めの演技を
やるのだけど、お客さん達が、まだ満足していないようで、
もう少し、もう少し・・・と続いてしまう。
6人中5人の方はマジックに夢中になってしまい、
私は嬉しいのだけど、Mさんはあまり快く思っていない様子。
場をまとめているMさんはカラオケで盛り上がって欲しい
様なのだけど、他の方達は唄よりもマジックに気持ちが
行ってしまっていた。演技を一段落させて普通に座っていると
まだ興味を持ってる方達からまた話が蒸し返してきて・・・。
すると「もうマジックは終わり。唄をやろう。」とMさんが
怒っていて・・・この席にいると、こんなやりとりの
繰り返しになってしまうので、いったん席を離れた。
今日は静かな日だったのだけど、12時過ぎたくらいから
お客さんが何組かいらっしゃった。常連のSさんがお連れの方と
一緒にいらした。早速マジックをお見せすることに。
今日は早い時間のあのやりとりがあって、ちょっとバランスを
崩していたか?あまり締まりのない味のショーになって
しまったかも・・・(焦)Sさん、ごめんなさい。
今日は将棋のプロ棋士のG先生がいらしていた。
名人戦に向けて好調に進んでいる様子。頑張って欲しいです。

1月23日(火)

今日は久々にピアノを弾いた。
かなり指が動かなくなってしまったなぁ。
「革命」も、もう弾けなくなってしまった(泣)
弾ける曲も、かなり限られて来てしまい、
かなり下手っぴーになってしまったけど、
それでも、やっぱりピアノには魅了されてしまう。
音楽には不思議な魔力があるもんだ。
今でも脳裏に焼き付いている、イシス神殿の帰りの
船の中から見た、夕暮れ時のあの景色。
ショパン、リスト、ドビュッシー、この3人が、
あの風景を見て創った曲を聴いてみたかったなぁ・・・(超無謀)
今日も夕食を準備してくれた。今日は、ワイン、すき焼き、
海老フライ、ヒレカツ、カニ爪フライ、アワビのステーキ、
イカとしめじの酒蒸、ブロッコリー、ごはん、おみそ汁、
フルーツ、紅茶と言うメニューだった。海老が巨大だったので、
それ一本食べたら結構お腹いっぱいに・・・(焦)
そんなわけで、あんまり沢山食べられなかった。
残してしまって申し訳ないなぁ(反省)
何だかアッと言う間の3日間だった。
私は、お父さんの為に、お母さんの為に、
何をしてあげたら良いんだろう?喜んでもらうには・・・。





1月22日(月)

今日はライブのチケットを渡しがてら久々に地元の友達と
一緒に昼食を食べながら、色々お話した。
彼女は私とは対照的で、ずっと1つの会社で真面目に
働いて来た。そんなわけでキャッシュで家を一軒買って
自分の持ち家に住んでいたり・・・私には無い“計画性”
と言うものを持っていて、とても感心させられる。
そして又、今の彼女の生活を見て人生の分岐点と言うものを
連想したりもする。もし、私が今まで出会って興味を惹かれて来た
色んな事柄や色んな人達と出会わなかったら、一体どんな人生を
送っていたんだろう・・・?
学校を卒業して10数年の時の流れ。当時は船の帆先の向きが
ほんの少しだけ違っただけでも、10年以上進み続けると
大きく進行方向が変わって行く。きっとこの先も・・・。
久々に海が見たかったので、海岸線を車で走ってもらった。
西湘の外れの方に、ヒルトンホテルが出来たそうで、
そこのラウンジで少しお茶をしながら、目の前に広がる
美しい景色を眺めていた。海の上に浮かぶ小さな島、半島、
空高くトンビが飛んでいた。ちょうど夕暮れどきだったので、
夕日が辺りの景色を染めていた。イシス神殿に沈む夕日も、
ナイルに沈む夕日も、夕日はみんな同じなんだね。
太陽は色んな国の色んな景色を見ることが出来て良いなぁ。
ほんのちょっとの間のプチ旅行(?)を楽しむことが出来た。
家に戻って、お母さんが作ってくれた手料理を食べた。
今日のメニューはワイン、色んな種類のカニの入ったカニ鍋、
手巻き寿司、ハム盛合せ、家の庭で作ったブロッコリーのサラダ、
フルーツ、アイスクリーム、紅茶。お父さんは家庭菜園に
凝っている様で、庭には白菜、キャベツ、ほうれん草、かぶ、
玉ねぎもあるらしい。取れたての野菜は甘くて美味しい。
やっぱり、お母さんは料理上手だなぁ。

1月21日(日)

今日は実家に帰省。お正月に帰ることが出来なかったので、
スケジュールを確認して遅いお正月休みを頂いた。
ようやく、エジプトのお土産を渡すことが出来た。
お父さんも、お母さんも、弟も、お嫁さんも、みんな元気で一安心。
今日の夕食は、弟とお嫁さんとでモンジャを作ってくれた。
シャンペンで新年の乾杯しながら、食事がスタート。
このモンジャは癖になる味でアッと言う間になくなってしまった。
また次も、また次も・・・で結果的に4回、どの回も全部
種類を変えて作ってくれた。どれもみんな美味しかった。
モンジャ焼きの可能性を改めて発見したのだった。
リビングルームには、55インチのTVが増えていた。
せっかくなので、夕食の後にハムナプトラを観ることに。
部屋の4隅にスピーカーが新しく取り付けられていたので
音響も迫力があった。実家は田舎なので、深夜になると
本当に“真夜中”と言う感じで、とても静か。
映画の後は、果たして親孝行になっているのかどうか
分からないけど、色々お話しながらマッサージをした。
まだまだ元気でいて欲しい・・・。

1月20日(土)

今日は京の日。何だか凄く寒くて小雨もぱらついていたので、
今日はバイクを置いて行くことに。ちょっと無駄遣いになって
しまうけど、26日の大切なショーを無事に終えるまでは
風邪をひくわけには行かないので何だか慎重になってしまう。
京に到着すると既に店内は混雑していた。碁が好きな常連さんチーム、
将棋が好きな常連さんチーム、ファミリーでいらしてる方もいれば
非常に賑やかだった。まずはファミリーでいらしたお客さんの席で
マジックをお見せした。幼稚園くらいの感じだったので、
なるべく視覚的なマジックを中心にお見せした。
幾つかお見せした後に、簡単なマジックを1つお教えした。
幼稚園くらいの女の子も、小さいながらに一生懸命
覚えようと頑張っていた。一段落してから、ファミリーの席を
後にして、隣の席の将棋チームに合流して一局指すことに。
飲み物を取りに行ったり、ウロウロしてると、さっきの女の子が
ずっと後を付いて来ていた。人手が足りていればなぁ・・・。
4人でいらした中の1人のお客さんと1局指したのだけど、
私達の将棋を見ている周りのみんなが凄い盛り上がってて
何だか凄いエキサイティングな対局だった。
その後、囲碁チームの中の初めていらしたお客さんを中心に
マジックをお見せした。恐らく囲碁の先生の様なのだけど、
是非是非、その方にマジックを見せて欲しいとのことで、
早速お見せした。中でもカードのマジックを凄く気に入って
下さっていた様子。お連れの方は離れた席で碁を打って
いたのだけど、しばらくして様子を見に来られた。
「この人は冷めてて普段は全然感動しない人なんだよ。
普段感動しない人が感動するって凄いことだなぁ。」
と感心されていた。あまりピンと来ないのだけど感動を
受け取って頂くことが出来たのなら良かった。
とは言え、先生の演技を観た人や、緒川さんの演技を観た人は
もっともっと凄い感動をしていた。
次は更にもっと上の感動を伝えられる様に頑張ろう。

1月19日(金)

今日はオフィスにKEISUKE君登場。
実演のこととか大会のこととか
一生懸命頑張ってて偉いなぁ(感心)
LさんとKEISUKE君が話してるのを聞いていて
彼らと自分との違いを発見した。正確に言うと
自分に欠けている部分を発見したというのかも。
彼らの本質は生粋の“マジシャン”だけど
私は“マジカルパフォーマー”寄りなのかもしれないなぁ。
それは、マジックをショーとして見せるのと、
ショーを見せるのにマジックを演じるのの違いで、
言葉では上手く説明出来ないのだけど、
明らかに“自分に欠けている何か”を発見したのだった。
今日は京の日。今日はW竜王がいらしていた。
少しマジックをお見せした。勝負の世界で生きてる人なので
マジックを観るときも“勝ち負け”の視点なんだなぁ。
世の中には色んな人がいるもんだ。
前半はそんなに混んでいなかったのだけど、
12時過ぎてからいきなり混み始めて満席状態になっていた。
それでも席が足りなくて、仲の良い常連さんは相席状態だった。
将棋を指してるお客さんがいらして、通りかかるたびに
何故か私がその対局の中の2~3手だけ指すことになったり・・・
非常に慌ただしい状態だった。
親戚のお兄さんの様な存在のMさんが、会社の方達と一緒に
いらして下さった。テンションも金曜日のテンションだった。
遅い時間だし皆さんお疲れモードだったので、マジックも
少しだけお見せした。なるべく視覚的なものを中心に演じた。
そうこうしてる間に気付いたら、もう3時。それでもまだまだ
店内は賑わっていた。“マジックみたかった”と言うお客さんが
何組かいらしたことを帰るときに知った。
悪いことをしてしまったなぁ・・・(反省)
体は1つしかないから、難しね。

1月18日(木)

今日は六本木のトニーローマにてマジックショー。
いつもはオーダーしてから、料理が出てくるまでの
タイミングでマジックをお見せしていたのだけど、
今日は食事が終わったタイミングにお見せしに行くことに。
平日の六本木は、いつもしっくり行かない感じだった。
感覚的に何時もちょっと見せづらい印象があったのだけど、
何故か今日は全てがしっくり行っていた。
見せに行くタイミングをずらしたからなのか?
原因は何か分からないけど、今日は何故かやりやすかった。
演技もゆったりとお見せすることが出来た。
ある席のファミリーは北海道から観光でいらしていた様で
和やかな雰囲気だった。演技を始めるとビデオカメラを片手に
撮影されていた。それを見て先日のエジプトに行ったときの
ことを思い出した。きっと、今日のここでのマジックも
彼らの旅の記憶のワンシーンに残るんだなぁ・・・。
そう考えると何か責任重大だ(焦)小学生くらいの
お姉ちゃんと弟君。私にも弟がいるので、自分のことと
オーバーラップした。小学生の頃、初めて連れて行ってもらった
本格フランス料理レストランでのエピソードを今でも覚えている。
今日のことも彼らの良い想い出の1ページとして
残ってくれたら良いなぁ。その後にも幾つものテーブルをホップした。
ある席でお見せしたときに最初はノリノリだったのに、
1人の方が段々静かになってしまってちょっと戸惑った。
終わった後に「魔女だ!魔女がいる~」と騒ぎになっていた?
何だか分からないけど悪い印象ではなかった様なので一安心。
最後に回ったテーブルでも「感動した」と言って頂くことが
出来て今日は何故か好調な日だった。
トニーローマのショーが終わった後は、いつものミーティング。
今回は大会が近いこともあり、大会に出場するみんなの
ルーティーンのことを話し合った。今日はドチャドチャも登場。
みんなで話し合うと色んなアイディアが出るもんだなぁ(感心)
自分のことだと分からないのに、他の人のことだと、
その人のキャラクターや、魅力というものが良く分かる。
だからルーティーンを一緒に考えていると色んなアイディアが
浮かんでくるし何か楽しい。今、思い浮かんだアイディアが
実現したときのことを考えるとワクワクするなぁ。

1月17日(水)

今日は京の日。到着して間もなく、日本に観光で来ている
韓国の学生さんが2人でいらした。昨日もいらした様で、
今日も来るとの予告があったらしい。英語も少し出来るとの
ことで私が対応することになったのだけど・・・・・
英語が、あまり通じない(焦) 彼らは日本語はしゃべれない、
私は韓国語がしゃべれない、英語もあまり通じない・・・
一体何語を話せば良いのやら・・・。そんな中、少しマジックを
お見せすることに。だけど、マジックには興味が無い様なのと、
上手く見せられていなかった為か、リアクションがいまいちだった。
その後、常連のK社長とお連れの方達の所でマジックをお見せした。
K社長はマジックが好きではないのだけど、お連れの方達は
乗り気だったので少しお見せすることに。
K社長も今日お見せしたマジックには、少し感激して
下さった様子で普段とは違ったリアクションを頂いた。
私の演技、今までと何が違っていたのだろう?
“マジシャンだと言うオーラがある”と言って下さって
とても嬉しかった。のだけど・・・あまりピンと来て
いなかったりして・・・。あるのかなぁ?オーラ(^_^;)

1月16日(火)

今日は今年初のゆうき屋の日。到着すると既に
お客さんがいらした。ショーが始まる前には1時間
準備時間があるのだけど、その時間帯にも再び
お客さんが2組いらした。程良く混雑した感じだった。
いつも料理の進み具合を見ながら様子を見計らって
ショーをお見せしに行くパターンが多い。マジックを
演じていないときは、大抵、窓側の席で何か練習を
しながら待機して欲しいとの要望がある。
外を歩いてるお客さんにも見える様に練習をしながら
待っている、この練習光景も宣伝の1つになっている様。
無駄のない采配だなぁ(感心) 今日はノリの良い
お客さんが多かったので、とても楽しい雰囲気で
お見せすることが出来た。スタートしてから帰る間際まで
しっかりとお見せすることが出来て充実した1日だった。

1月15日(月)

今日は京に行くことに。
幾つかの席でマジックをお見せした。
マジックを観たときの感じ方と言うのは
本当に人それぞれで、私が予想もしていない様な
奥の深いことを感じ取って下さる方もいたりで、
逆に感心させられることも。今日はレーティングでも
常連のMさんがお連れの方と一緒にいらした。
勿論のことながら、マジック漬けの空間になった。
Mさんは独自で作製したオリジナルのアイテムを使った
マジックを見せて下さった。斬新だなぁ。

1月14日(日)

エジプトから帰ってから、よくエジプトの景色の夢を見る。
長いボートに乗ってナイル川を下る夢や、神殿の夢や・・・etc 
リコレクションではないけど、今回の旅で見たものを
脳の何処かで覚えてて、それが夢の中で現れているのかな?
夢って不思議だなぁ。

1月13日(土)

今日は京の日。到着すると既に団体のお客さんで
賑わっていた。早速お見せすることに。
まずはサロン的にお見せして、それからテーブルを
まわる様な形でショーを進めた。近々思うのは
ショーの華やかさを出す為にカードやコイン以外の
新ネタを何か増やしたいところだなぁ・・・。
その後、みのさん’Sも登場。昨日の日記を読んで
下さったようで、日記の話題になった。
今日はスタートが遅く、私が帰るくらいの時間から
混み始めてきた。この後、一体何時まで続くことやら(^_^;)

1月12日(金)

今日は京の日。到着して既に店内はいっぱいだった。
幾つかのテーブルでマジックをお見せした。
金曜日のお客さんはノリが良いなぁ。そんな風に
色んな所でマジックをお見せしていて気付いたら
12時を過ぎていた。後半戦、常連のMさん達の席で
マジックをお見せすることに。強い関心を持って頂いた様で
私が帰るまでの間、2時間くらいの間、
ずっとマジック漬けになっていた。皆さんタフだなぁ。


1月11日(木)

今日はミーティングの日。
いつものレストランに集まった。
みんなでリコレクションをやった。
今回は25点。
リコレクション、もっと強化しないとなぁ。

1月10日(水)

今日はウィザーズナイトの練習日。そしてその後は今年初の京。
団体のお客さんのところにお邪魔した。ショーをやるのは久々。
最初は呼吸を忘れてしまっているけど、始めてみれば調子は
段々と回復してくるものだなぁ。最初はカラオケが熱かったけど、
マジックを始めると、マジックの話題一色になっていた。
今日から日常が始まるんだなぁ。

1月9日(火)

今日は沢山飛行機に乗った。まずカイロからドーハへ。
ドーハから関西国際空港へ、そしてようやく羽田へ。
事務所に到着すると、Lさんが鰤大根を作って下さっていた。
美味しかったなぁ。久々にちゃんとした御飯を食べた気がした。

1月8日(月)

今日は遂に最終日を迎えてしまった。非常に凝縮された
濃い一週間だった。1週間私達を案内して下さった名ガイドの
モーセンさんとも、ここでお別れになってしまった。
何千年も前のものを観て、鼓動が高鳴ったり、鳥肌が立ったり、
涙が出たり・・・その感動がどこから来ているのか分からないけど、
とにかく持ちきれないほど沢山のお土産を心に持ち帰ることが出来た。
エジプト、住むことは出来ないけど、また来たいなぁ。




1月7日(日)

ナイルエキスプレスはカイロに到着。カイロは都会だなぁ。
そこからピラミッドへ向かった。今回は一番大きなクフ王の
ピラミッドに入ることになった。少しラクダに乗った後、
ピラミッドに入った。何があるのか期待していたのだけど、
中には壁画もなければ何も無かった。146mを一生懸命
昇ったのだけど、あったのは真っ暗な部屋と棺を入れる箱(?)
だけだった。やっぱりピラミッドは外から見るのが良いね。
その後、考古学博物館絵へ行った。広い広い博物館の中から
モーセンさんが見所をピックアップして案内して下さった。
ツタンカーメンの棺は何重にもなっていて、その棺をしまう
箱も4つあった。彼が使ったベッドや、イス、おもちゃ、
ブーメランなど日常品も埋葬されていた。その中の1つに
有名な玉座がある。その玉座にはツタンカーメンと王妃が
見つめ合う姿が描かれている。ツタンカーメンが亡くなり、
王妃は大変悲しんで、棺の前に花束を入れたのだそう。
そして、そのときの花束が、今も残っているのだと聞いた。
それは博物館の隅の方、誰も足を止めない様なところに
ひっそりと飾られていた。それを観たとき、何故だか
分からないけど、涙がこみ上げて来てしまった。
私がパピルス屋さんで購入したパピルスには、ツタンカーメンと
王妃の絵が描かれていた。ツタンカーメンに蓮の花束を
プレゼントしている王妃。その2人の表情は何とも
素晴らしいものだった。王妃が花をプレゼントする絵のシーンと、
彼が亡くなった後も棺の前に花をプレゼントしたストーリーが
シンクロして、強いイマジネーションの波が押し寄せて来た。
誰も見向きもしない様なドライフラワー。モーセンさんが
いなかったら、この財宝を知らないままいたことでしょう。

1月6日(土)

今日はアブシンベル神殿に行った。アブシンベルは非常に遠く、
出発は朝2時30分。バスの中では熟睡状態。神殿に到着した。
アブシンベル神殿はラムセス2世が残したとても大きな神殿。
中に入ると、とてつもなく大きなパワーを感じた。壁画の
レリーフも他の神殿とは違っていて、そこにいるだけで、
とてつもなく強い威厳や圧迫感を感じた。何て書かれているか
分からない、何千年も前のものを観て、鳥肌が立つほどの
衝撃を受けるのは何故だろう?それは今まで体験したことの
無い感覚だった。アブシンベルの前で色々撮影をした。
アッと言う間に時間が来てしまった。バスに乗ってアブシンベルを
後にした。砂漠、砂漠、砂漠・・・・・見渡す限りず~っと砂漠。
次は水の上に浮かぶイシス神殿に向かった。イシス神殿も今まで
観た神殿とはまた違う主張があった。とても美しいこの神殿は
20年前は水の中に半分浸かっていたのだそう。今は別の場所に
移されたのだけど、水に沈んでいたその当時の写真を見せて
頂いた。その当時の方が素敵だったかも。
イシス神殿には、色んな有名人が訪れて落書きをしていて、
クレオパトラやナポレオンの落書きが残っているのは凄い。
美しいイシス神殿を後にして、アスワンの駅に向かった。
ここからはナイルエキスプレス(寝台車)に乗ってカイロへ。
初めての寝台車、車掌さんが又、陽気な方で凄い楽しかった。



1月5日(金)

今日でエジプト3日目。まだ3日しか経っていないのに、
もっと長く、一週間くらい滞在しているような感じがした。
きっとそれだけ中身が濃いツアーなのかもしれない。
今日はホルス神殿とコムンボ神殿に行った。沢山の神殿は
それぞれの主張があり、どれもみんな違っている。
今日はアスワン泊。アスワンは“水の都”ではないけれど、
水に浮かぶ神殿や、ホテルが多い。ホテルへ向かうときも
船で移動。移動する最中、水の中に沈んでいる神殿もあり、
石像の頭の部分が見えていたり、神殿の一部と思われる
文字の書かれた大きな岩が見えたり・・・。聞いた話だと、
ニューカタラクトホテルの上の階から、この辺りの景色を
見ると水に沈んだ神殿が見え、素晴らしい景色なのだそう。
見られなかったのが残念(>_<) 

1月4日(木)

昨日は実感がなかったのだけど、昨日の夜、眠りにつくとき
目を閉じたら、昼間の残像が浮かんできた。やっぱり意識の
奥底では、エジプトに来たこと、神殿の石像や壁画を観たことを
実感しているんだね。今日は、王家の谷に向かった。そこには
ラムセスやツタンカーメン等、数々の王様のお墓があった。
幾つものお墓を見て回った。王様の死語の家と言うことで
もの凄く美しい壁画が描かれていた。昨日の神殿の壁画とも
ひと味違ったものだった。中でも忘れられないのが、
ツタンカーメンのお墓だった。他の王様のお墓に比べると非常に
狭い部屋で何も壁画などの装飾がなかったのだけど、彼のお墓には、
まだ棺が残っていた。その棺の中には未だに彼のミイラが残って
いるのだそいう。その部屋に入って棺を見た。彼の姿をモチーフにして
作られたその棺は何故だか分からないけど、非常に暖かいぬくもりを
感じるものだった。目は今にも動き出しそうで、唇は今にも
何か言葉を語りそうで・・・その場から動けなかった。
何故だか分からないけど、この棺を見たとき心臓がドキドキ
言っているのを感じた。何千年ものときを越えて残ってる棺。
生前のツタンカーメンに会って見たかったなぁ。

1月3日(水)

今日の早朝ドーハの空港に到着。暑いと思っていたのだけど、
凄く寒くてコートが手放せなかった。空港に到着すると、
エスニックな衣装を着た人達が沢山いた。ドーハから再び
飛行機に乗ってルクソールへ向かった。朝の8時50分に
到着して、すぐ観光に向かった。エジプトは思った以上に
近代的だったからか?あまりエジプトに来たという実感が
涌かなかった。バスで現地のガイド、モーセンさんの
案内で、カルナック神殿、ルクソール神殿を見学した。
彼は知識も豊富で、分かり易く色んなことを説明して
下さったので、神殿の壁画に描かれたことや、神殿の
コンセプトや、柱の意味や色々なことを知ることが出来た。
神殿や、そこに書かれた壁画を実際に見たのだけど、
まだ何だか実感が涌かない・・・。3000年も
前の人が1文字1文字掘ったものが今もまだ残っていて、
実際に手で触れることが出来るって凄いなぁ。

1月2日(火)

今日は遂にエジプト出発の日。
羽田空港まで、ひねモンさんに送って頂き、
その後、関西国際空港まで行って、それから再び
飛行機に乗ってドーハへ向かった。1日中、
飛行機に乗っていた日だったなぁ。
プロフィール

ミュウ

  • Author:ミュウ
  • マジシャンMistyミュウの日記!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク