7月29日(日)

大会の演技を練らなくては・・・・。
スポンサーサイト

7月28日(土)

今日は京の日。到着すると既に常連のKさんがいらしていた。
早速、席にお邪魔して少し雑談をした。しばらくしてから
簡単なマジックを教えて欲しいとのことで1つお教えした。
その後、艦長とリングの話題になった。艦長もリングを
持っていて練習しているそうで、リングの大変さの話になった。
手が痛いから自分で少し細工しようとおっしゃっていたので、
ウィザードインのニンジャリングの優秀性をお話しした。
持ってる人なので特別に実際に少しお見せすることに。
その質感とか拘りに関心して下さっていた様子。
その後、久々にいらした常連のお客さんの所へ。
イスラムの話題で盛り上がっていたので、実際に私が
見て体験したことをお話しすると興味深く聞いて下さっていた。
しばらくしてから、マジックをお見せした。
マジックをお見せした後、ピースボートで体験した話や、
マジックの歴史の話や、将来の目標の話や、
マジックキャッスルの話や・・・etc
色んな深い話にな、興味深く聞いて下さっていた。
“みんな、あなたのマジックを通じてあなたから
元気をもらっているんだ。今日は話をして元気が出た。
今日は来て良かった”と言って頂いて、
嬉しい気持ちとピンと来ない気持ちが混在していた。
ピースボートから帰って以来、こんな風に熱いトークが
出来たのは初でこんな機会が持てて良かった。
実際にピースボートに行って、見たこと、体験したことは
自分の中にちゃんと残っているんだなぁと言うことを
話をしながら実感することが出来た。

7月27日(金)

今日はエンドゥと一緒に帝国ホテルにてマジックショー。
お客さんの人数は100人、テーブル数は10卓。
今日のショーは45分間でステージとテーブルホップを
回るという非常にタイトなスケジュール。
当初はステージをやって、5テーブルずつサロンをと言う
作戦だったのだけど、現場を見て、それはあまり
効果的なショーにならないことがわかったので、
テーブルホップに切り替えることに。
まずは15分間ステージを。ここまでは順調。
その後のテーブルからが至難の技。30分で5テーブル
と言うことは1卓5分で納めなくてはいけない。
ダートの現場では、お客さんとのやりとりも多いので
タイムキープが大会の演目のようにはいかない。
セットが簡単なものだけで校正しても、テーブルから
テーブルへの移動やら、お客さんとの会話などもあるので
細かい部分でも時間が加算されてしまう・・・(焦)
1時間半ないと時間が足りない中に無理矢理詰め込んだので
ショーは物足りなさを残しながらも、かなりキツキツな状態だった。
1テーブルずつ、ストップウォッチで時間を計りながら
ショーを進めた。5分を意識して作っても、やっぱり
7分を過ぎてしまう。全体を通じてトータルで8分くらい
オーバーしてしまった。ひとまず演技が終わった。
エンドゥが今、どのテーブルを回ってるかをチェック。
まだ4テーブル目を回っている。5テーブル目は
私が行った方が早そうかな・・・と思ったので変わりに行くことに。
ただ、事前にそういう打合せをしていなかったので、
かえって混乱を招いてしまった様でエンドゥは違う席で
演技をスタートしてしまった(焦)お客さんの反応事態は
まずまずで、無難に良いショーが出来たけど、時間はやっぱり
収まりきれなかった。ショーが終わった後は、急いで京に向かった。
常連のお客さんが会社の仲間と一緒にいらしてマジックを
見せて欲しいとのことになり早速スタート。金曜日は嬉しいことに
こういうパターンが多かったりする。楽しい雰囲気でショーを
お見せすることが出来た。気が付くとかなり長い時間お見せしていた。その後も初めていらしたお客さんのところでマジックをお見せした。
今日は、よく仕事した日だったなぁ。

7月26日(木)

今日はミーティングの日。今日の集まりでは
大会の演技を撮影することになった。
大会が近いというのに、まだまだ全然完成していない。
やばいです・・・(焦)

7月25日(水)

今日は京の日。今日は10時から、サッカーの
試合がある為か?出だしがゆったりの日だった。
常連のMさんが久々にいらして、新しいマジックを1つ
教えて欲しいとのことになり、コインのマジックを
1つお教えした。10時になると、大画面でサッカーの
試合を見るスタンバイが整い、店内はスポーツバー状態に。
将棋のプロの先生達がいらした。コインの練習と
格好良い駒の置き方の話になり、実際に盤駒を出して
格好良い置き方を習って置き方の練習をした。
“いつもマジックを見せて頂いてるから今日は1局やりましょう”
と言うことで特別に指導将棋をして頂くことに(*^_^*)
4枚落ちでスタート。きっと当たり前のことなのかもしれないけど、
やっぱりプロの先生と言うのは教え方が上手い。
将棋が好きになるような、それでいて勉強になったと言う
満足感が残るような教え方で、その人がしっかりと全力でやれば
勝てるような局面の作り方をコントロール出来るなんて凄い。
やっぱり、どの世界もプロって凄い。

7月24日(火)

今日は久々にショーの仕事が入っていない日。
久々にフィットネスのヒップホップのクラスに参加。
4Fのスタジオ前で待っていたのだけど、前のクラスが
終わる様子がない。あれ?と思って時間割を見たら、
7Fのスタジオだった。急いで7Fに向かった。
何とか無事に間に合った。体が固くなってる・・・(焦)

7月23日(月)

今日は横浜の国際ホテルのパーティーにてマジックショー。
今回はカナカナと2人でテーブルホップのショーだった。
久々の横浜。この辺りは、学生だった頃、OLだった頃、
友達とよくぶらぶらした街で、ビブレの方に行くのは
本当に10年ぶりくらい。あんまり変わってないなぁ(*^_^*)
会場に到着して、まず担当者の方と打ち合わせ。
テーブルホップだけなので、特に何の心配もなかった。
時間になってショーがスタート。15テーブルをカナカナと
手分けして回った。こういう雰囲気の中で、ゆったりとした
ディナーをされている。このシチュエーションの中だと
なかなか、はとバスや、トニーローマのときの様には行かず
少し時間が押してしまった・・・(焦)時間の作り方を
考えなくては行けない(-_-;)カナカナの観せてるテーブルの
お客さんも結構、楽しそうだったし、ショー自体は
極端に良くも悪くもなく、無難に良いショーだったかな。
それはそうと気付いたら大会まであと1ヶ月。大変だ!!!

7月22日(日)

今日は幕張のトニーローマにてマジックショー。
色んな店舗に行っていて、しかも同じ路線を利用してると
どこの駅でどの電車に乗るのかが、ごっちゃになってしまう。
ディズニーランドの前を通過して海浜幕張へ。
到着すると既に何組かお客さんがいらしていた。
ここのトニーローマは家族連れのお客さんが多いので
非常にアットホームな雰囲気。今日は50人の団体の
お客さんの予約が入ってるとのことで店の半分が、
その予約のお客さんで埋め尽くされた。他の半分の
スペースが一般のお客さんのエリアになっていた。
小さいお子さんも多いので、ここではリングから
スタートすることが多い。団体のお客さんの所は、
まだもう一段落しないと、と言う感じだったので、
今日は、かなりゆったりだった。そう言えば、
一ヶ月前の幕張のトニーローマのショーの翌日が
ピースボートの出発の日だったなぁ。懐かしいなぁ。

7月21日(土)

今日は京の日。幾つかの席でマジックをお見せした。
カップルでいらしたお客さんの所でマジックをお見せする
ことになったとき、カウンターが結構いっぱいになって来て
しまった。艦長が気を使って場所を作って下さったので
広い環境で、お見せすることが出来た。色々マジックを
お見せした後で、色々話をしていたら、凄い偶然な出来事が。
お二人とも今日、横浜のハンズで偶然にも仁さんの実演を
見てきたのだそう。そんな話題でしばらく盛り上がった。
通常はリングをオープニングにはしないのだけど、
今回は何故かリングをオープニングに持ってきて・・・
だからこそ、こういう話題になったのだと思うと、
偶然の不思議を感じたのだった。

7月20日(金)

今日は京の日。今日は金曜日なのだけど、
土曜日のような雰囲気の1日だった。
今年に入って、1月にエジプト、3月にアメリカ、そして
先日のピースボートでシンガポール、インド、イエメン、
ヨルダン、エジプトに行くことが出来た。
貴重な体験を沢山したのに、時間が経つと
段々と色褪せて行ってしまうのが寂しい。
心の中に深く刻まれていても、感覚はそのとき
リアルタイムに体験したときと大きく変わってしまう。
鮮度良く保存するにはどうしたら良いのだろう?

7月19日(木)

今日はミーティングの日。
大会まで、あと約1ヶ月になってしまった(焦)
今日はみんなでエスティメーションカードセットをやった。
エスティメーションカードセットとは、どんなものかと言うと
通常のカードセットは全力でタイムを計るのだけど、
エスティメーションカードセットの場合、1分とか
1分5秒とか時間を設定して、いかにそのタイムに近いかを
競うもの。最初は1分10秒からスタート。一番タイムが
離れている人から外れなくてはいけないルールで最後まで
勝ち残った人が一番と言うゲームだった。1分10秒の次は
1分5秒、1分、55秒、50秒、45秒と進んで
行ったのだけど・・・55秒くらいまではまだ何とか
“時間を調整しながら”と言う気持ちで出来たのだけど、
50秒になると・・・(焦)全力でやるしかない(^_^;)
47秒と3秒ほど早く終わってしまったけど、まだ無事に
残ることが出来た。次は45秒セット。全力でも追いつけるか
どうか怪しい・・・気持ちが焦ってしまって1分セットに
なってしまった。その後は、グレコのエスティメーションセット。
最初は1分45秒セット。凄い大変・・・・・(^_^;)
ゆっくりやったつもりでも、やっぱり時間より早く終わってしまう。
グレコは時間の感覚が分からない。
1分25秒セットのとき、先生がカードを置いたので、
そろそろ仕上げなくてはいけないと思って私も数秒後に
カードを置いた。そしてストップウォッチを見てみると・・・
1分10秒だった。どうやら先生は1分4秒で終わっていたらしい。
グレコのエスティメーションって難しいなぁ。

7月18日(水)

今日は林さんとケイスケ君と一緒にオリンピックセンターに
夕食を食べに出かけた。林さんに御馳走になってしまった。
食事をしながら色々な話をした。そんな途中、急ぎの電話が。
今日はプリンアラモード会にて緒川さんがゲスト出演していて、
何かが足りなくなってしまったとのことで、至急、届けに
来て欲しいと言う緊急の電話だった。少し時間は早かったけど、
京に向かった。まだ時間が30分くらいあったので、
近くのお店でカフェオレを飲みながら待機した。そこで
はとバスツアーのパンフレットを発見。ひょっとしたら、
私達がよくショーをやってる企画のことも書いてあるのかな?
と思って一部頂いてみた。お客さん達は、こういうパンフレットを
見て申し込んでいるんだね。私達のショーは、そんなレジャーの
中の1つだと言うことを実感したのだった。

7月17日(火)

今日は後楽園のババガンプにてマジックショー。
台風の煮え切らない天気の為、お客さんもいつもより少なかった。
しかも、いつもと少し客層が違った様に感じられた。
堅い話をしてる感じの人が多かった。
恐らく、いつもテンションの高いお客さんで混雑しているので、
堅い話をしてるお客さんがあまり目に入っていなかった
のかもしれない。もしくは、直感的に
“行かない方が良いテーブル”と察知して
無意識に近づかなかったのかもしれない。
何か今日は、あんまりしっくり行かなかったなぁ。
ちゃんと、お店側の期待に応えられていたのか、
手応えが少ないと、ちょっと不安になる。
晴れると暑くて大変だけど、お客さんのテンションは
お祭りの様に高いから、晴れてくれると嬉しい。
来月は盛り返そう。

7月16日(月)

今日も、はとバスツアーのマジックショー。
トニーローマの三番町店で待機。
通常は制限時間内に回らなくてはいけないテーブルが
沢山あるので、食事のタイミングとか構わずに回らないと
間に合わないのだけど、今回は6組だったので、
かなりゆったりと回ることが出来た。バスの到着は11時40分。
お客さんの組数は2名、3名、4名、4名、1名、1名。
1名の方達は隣通しに座っていて、結構うち解けてる感じ
だったので、1組と考え、全部で5組。1テーブル10分弱の
演技をやったとしても、50分以内に終わる。12時過ぎれば、
ある程度、食事も一段落すると言う読みで12時ピッタリから
スタートした。時間がタイトなテーブルホップでは、
セットの簡単なフットワークの良いものばかりになって
しまうけど、良いペースでお見せすることが出来た。
中には、マジックが観られるからツアーに申し込んだ
と言う方もいらした。全部のテーブルを回り終わって12時48分。
ショーの仕事の後は、食事を出して頂いた。
昨日の夜は焼き肉、今日はステーキ・・・肉肉肉・・・(^_^;)
その後は、レーティングに向かった。今日のレーティングは
テクニカルも含めてボロボロ・・・(焦)やばいです・・・。

7月15日(日)

今日は、はとバスツアーのマジックショー。
今回の現場はトニーローマ(三番町店)。
台風の為、雨も凄いので早めに家を出た。
今日は2名×4組、3名×2組、4名×1組、
12名×1組の合計8組。制限時間は1時間以内。
先日の旅で学んだことの1つ、時間厳守の大切さ。
特にバスのツアーの場合、トイレ休憩がとても
大事であることも、先日の旅で実感した。
そんなわけで、出発する13時よりも10~15分前
までには終わらせなくてはいけない。そんな点も踏まえて、
どのテーブルから、どんな風に周るかパズルをした。
1テーブルずつ周りながら、時間を見ながら、
演目を組み立てながらショーを進めた。テーブル毎に、
その条件や状況に応じて、臨機応変に対応出来てる自分を
実感出来たとき“プロだなぁ”と我ながら思うのだった。
演技終了12時47分。時間は最高に良い時間に収まった。
後は演技のキレの良さとバランスをもう少し考察したいところ。
こうして今日のショーの仕事も無事、終わったのでした。



7月14日(土)

今日は京の日。台風が接近し雨も凄かったので
暇なのでは?と思いきや、そうでもなかった。
やっぱり、土曜日はゲームデー。将棋、囲碁、
バックギャモンなどをやるお客さんが多い。
将棋好きなKさんとOさんとプロのSさんがいらした。
私が日本にいない間にも、何度か足を運んで下さった様。
しばらく、いなかったので心配されていた。
Oさんと将棋を指すことに。途中までは優勢だったかも
しれないけど、最後は頓死してしまった(焦)
Oさん曰く“結果的には勝ったけど9割負けてた”のだそう。
優勢なはずなのに、勝つことが出来ない・・・
これが私の将棋の上でのウィークポイント。
もっと詰将棋をやらないといけないなぁ。
その後は、マジックの歴史の話題になった。
Oさんは、さり気なく博学で“Wizard”“Magician”と言う
言葉を知っていた。そんな流れから、マジシャンの階級の話に
なったり、カードの由来の話になったり、マジック史の話に
なったり・・・etc もっと詳しく面白く話せる様になりたい。

7月13日(金)

今日から3日間、マジックの合宿の為、みんなお出かけ。
私は東京にお留守番。この1ヶ月間で、体験したこと、
学んだことの数々が、まだ自分の中で消化しきれていない。
今日は久々に京に向かった。初めていらしたお客さんの
席でマジックをお見せすることに。京で演技するのは
本当に久しぶりなので感覚を取り戻すのに少し時間が
かかった。今までの自分のテイストと、この旅で学んだ
こと・・・どんなバランスでやれば良いのか、まだ
掴めていない。だけど今日、心がけたことは、たたみ
かけること。今までは押した後に、引いてみたり、
バランスを取っていたのだけど、今回は押して、
又押して・・・と歓声があがる中、更にたたみかけた。
気のせいか?今までと少しだけ違ったリアクションが見れた
様な気がした。キレの良い演技を目指して頑張ろう。

7月12日(木)

ようやく日本に到着。一ヶ月近い旅も終わった。
ビジネスクラスに乗せて頂いたので、あまり疲れがない。
家に向かう途中、色々と心配事も。やっぱり1ヶ月近く
家を空けたので、バイクのエンジンかかるかな?とか、
部屋の中、大丈夫かな?とか、小さな心配事も出てくる。
バイクのエンジンは、やっぱりなかなかかからない。
苦戦していると、近くの見張りをしているお巡りさんが
やって来て、バイクのエンジンをかけて下さった(感謝)
色んな雑用を済ませてから、久々のフィットネスへ。
日本に帰って来たんだなぁと実感した。会社に行くのも
本当に久々。到着すると懐かしい顔ぶれが揃っていた。
スケジュールを確認すると、ショーの仕事がいっぱい
入っていて、メチャクチャ忙しい・・・。1ヶ月近く
あけた分、頑張らなくちゃ!!!

7月11日(水)

今日はシンガポールに到着した。シンガポールの空港は
凄い所で、トランジットホテル、フィットネスジム、
プール、簡単な映画館、美容院、エステ等の施設が充実
しているので、とても便利で快適。フライト時間まで
8時間あるので、トランジットホテルに半泊することに。
空港内にあるので、預けた荷物はそのままで、手荷物だけで
動き回ることが出来るし、わざわざパスポートを出して
外に出る必要もない。何て便利な空港なんだろう。
シンガポールを出るのも深夜の便だった。先生は年に
もの凄い回数、飛行機に乗ってるのでPPSクラスと言う
ランクに格上げされたのだそう。そんなわけで、空港内の
ラウンジもゴールドメンバーと同じラウンジを使うことが
出来る。私も一緒に便乗してゴールドのラウンジへ。
ゴールドのラウンジは、やっぱり凄い。何でも揃っている。
だけど、ここであんまりガツガツ食べてしまったら、
機内食が食べられなくなってしまう。そんなわけで、
色んなものを少しずつ頂いた。次のフライトもビジネスに
乗せて頂くことが出来て超ハッピー(*^_^*) 飛行機が
飛び立ち、夕食が出てきた頃、周りの人達は、みんな
寝ていて私だけムシャムシャ食べていた(^_^;) ちょっと
恥ずかしかったけど、和食の料理は凄く美味しかったなぁ。

7月10日(火)

今日はカイロを飛び立つ日。だけどフライト時間は
深夜なので、たっぷり時間がある。運動不足だったので
ホテルのプールで軽く運動したり、ピースボートでの
レクチャーやショーの内容を次の人に渡すノートに
書き込んだりした。長いようでアッと言う間の20日間、
学ぶことがもの凄く沢山あった濃い20日間でもあった。
フライトまでまだまだ時間があるので、ゆったりと過ごす
ことが出来た。軽く夕食を食べてから空港へ。
今回はビジネスクラスに乗せて頂いた。シートがフラットに
なるので、体をまっすぐにして寝ることが出来るのが嬉しい。
最初にウェルカムドリンクでシャンパンを出して頂いたり、
料理もレストランみたいで嬉しかった。飛行機は一端、
シンガポールへ向かった。ピースボートでシンガポールから
エジプトまで約20日間かかった距離をたった1日で
移動してしまう・・・飛行機って早いなぁ。もしかして、
船の上から、星空を見上げたときに見えた飛行機は、
この路線だったのかな?この飛行機も、洋上の誰かが
星と間違えながら、ネオンの1つとして見ているのかな?

7月9日(月)

今日はエジプトのポートサイドに到着。私達は荷物をまとめて
あるツアーのバスに一緒に乗り込んだ。一生に一度しか来られない
と思っていたエジプトに、これだけ短期間の間に2回も来ることに
なるとは思ってもいなかった。夏のエジプトは、やっぱり暑い。
日差しもジリジリと焼かれてしまいそう。まずは考古学博物館に。
たった半年の間に、配置が結構移動されている・・・。
黄金のマスク、そして再び、ドライフラワーとして残っている
3500年前の花束を見ることが出来た。博物館の後はピラミッド。
ピラミッド近くのお土産やさんは凄くしつこくて大変なのだけど、
今回のピースボートのツアーでは、900人くらいのお客さんが
一気に押し寄せるのでお土産屋さんも大変だったみたい。
例えるならライオン3匹に対して、シマウマ1000頭が一斉に
押し寄せて来た様に、どうしようもなくなっていた様子。
ピラミッドの後は、夕食を取って、ここでみんなとお別れ。
これからみんなはギリシャに向かうんだなぁ・・・。
その後、先生と一緒にカイロのホテルに一泊半することに。
和食屋さんがあるのが嬉しい。アラビア料理はもう懲り懲り。
やっぱり和食は美味しいなぁ。鉄板焼き、食材はアラビア料理と
同じなのに、味付けでこうも変わるんだなぁ(感心)

7月8日(日)

今日は、いよいよスエズ運河へ。特別に操縦室に案内して頂いた。
デッキに出ると船長がいらして
「やぁマジシャン。これは僕のマジックだよ。」と目の前に
広がる景色を示した。運河を進む船の右側には砂漠が広がり、
左側には豊かな緑が広がる素晴らしい壮大な光景。最初は
暑いと思っていたけど、実際には気候がカラッとしているので、
風が吹くと、とても涼しく過ごしやすかった。船長の計らいで、
よく冷えたスイカを頂きながら目の前に広がる運河の景色を眺めた。
その後も、しばらくの間、船は運河の中を進んで行った。
今日の夕方から、マジパのメンバー達とのお別れ会の為、
プールデッキに集まった。みんなと過ごした楽しい時間が
一変に思い出されて来た。一番最初のマジックショーのこと、
難民キャンプでのこと、つい昨日の七夕のショー等々・・・etc
Tさんの為のプライベートマジックを自分なりに出来る限りの
ベストの演技を考えて構成した。ピースボートの旅と、マジックの
歴史をシンクロさせたプレゼンの元に“プリンス・オブ・エジプト”
の音楽と共にショーを進めた。今から約5000年程前、マギと
呼ばれる魔術師がエジプトのクフ王の元に訪れ、マジックを見せた
と言う記録がパピルスに残されている、そんな歴史にちなんで
最初はインドのヒンズーロープからスタートした。続いてこの船が
向かうギリシャの3シェルゲーム。そして最後は、これから向かう
ヨーロッパにタロットカードが伝来して1組のカードが出来た、
その由来にちなんで時間をテーマにしたカードマジックを演じた。
果たして、これで良かったのかな・・・?
最後に、みんなからメッセージがビッシリ書かれた色紙を頂いた。
みんなと一緒に船で過ごせる時間は今日で終わり。寂しいなぁ。


7月7日(土)

今日は七夕祭り。七夕祭りでは、マジパのマジックショーが
あるので、1日に2回集まった。今日やる演目を話し合った。
難民キャンプに行って本番を経験した人もいるので、そんなに
心配はなかった。キャンプのマジックショーに参加出来なかった
人も参加した人と教え合ったり、とても良い光景だった。
最初に覚えて下さった人は、やっぱり一番上達している。
昨日、暑くてほこりっぽい中を歩き回った為か?
どうやら風邪をひいてしまった様(焦) 途中少し休んで
夜の七夕に備えた。前回、新聞紙のマジックを演じてスターに
なったSさんにも参加して頂いた。難民キャンプで一度演技を
やっているので、みんな度胸がついて来た感じ。みんな良い
テンションでショーに望んでいた。ショーが終わった後、
良い団結間が生まれていた。今回の船では沢山色んなことを
学んだ。それこそ、10年分くらいのことを学ぶことが出来た。
それを生かせる様になるのは、何時になるか分からないけど、
自分の記憶の引き出しの中に、その印象が深く刻まれた。

7月6日(金)

今日はペトラ遺跡に行くことに。ここは映画「インディー・
ジョーンズ3」の舞台にもなった遺跡。バスに乗ってペトラに
向けてスタートした。途中、トイレ休憩のため、お土産屋さんに
立ち寄った。ヨルダンもイエメンも物価は決して安くない。
お土産のシャツが1枚3,000円。その他の小物も安くない。
再びバスに揺られて数時間、ようやくペトラに到着。ホテルの
レストランにて食事をして、それから遺跡に向かった。
途中まで馬に乗って、途中から歩いた。大きな大きな岩山を
切って作られた道を進んだ。自然に出来たのか?それとも
作られたものなのか?作ったのだとしたら、気が遠くなる。
幻想的な道を進んで進んで、ようやく辿り着いたのは大きな
立派な遺跡だった。ピンク色の大きな大きな岩山に掘られた
遺跡は、ギリシャやローマっぽい感じの彫刻がされていた。
柱を見るとグレコロマン時代のものの様。アラブ圏のこの場所に
ギリシャっぽい彫刻があるのが何だか不思議だった。壮大な
遺跡の前で少し演技を撮って頂いた。遺跡の前にはラクダもいた。
撮影用のラクダらしい。ここにいるラクダは、エジプトの
ピラミッドの前にいるラクダと違って穏やかだった。そこで
しばらく過ごした後は、馬車に乗ってゲートに戻った。
私達が乗った馬車は、元気な馬が引く馬車で、途中、他の
馬車を追い越して、暑い中、元気に走ってくれていた。
先生とインディージョーンズの曲を口ずさみながら軽快な
馬車の走りを楽しんだ。それからバスに乗り船に向かった。
バスの中から遠くに見える船を見ると、我が家に帰って来た
ように安心した気持ちになる。夜10時、船が出航した。
外のデッキで景色を眺めていた。ヨルダンの国旗がなびく港が
どんどん離れて行く。湾岸に光る無数のライトがキラキラ
していた。右側がヨルダン、そして左側がイスラエル。
子供の頃に遊んだ世界地図のパズル、まさか自分が、こんな所に
来るなんて当時は思ってもいなかった。こんなに隣り合わせの
この国同士は長い間、敵対している。島国に生まれ育った私には、
陸続きの国の感覚は分からない。日本というのは海という
自然の要塞に守られて来た、地球という奇跡の星の中の、
奇跡の国なんだなぁと認識したのだった。

7月5日(木)

今日はヨルダンに到着。暑いけど、吹く風は清々しく、
過ごしやすい気候だった。バスに乗ってアンマンまで向かった。
走ること約6時間。ようやく難民キャンプに到着。実際に
目にしたのは今まで想像していたものとは、かなり違っていた。
イメージしていた難民キャンプは、もっと荒れ果てた砂漠に
テントが張ってあって、心身共に傷ついた人達が集まる、
もっと悲惨な環境を想像していた。実際には、合宿などに
使われる宿泊施設の様で、体育館、運動の出来るコート、
文化センター等の施設も整っていて、そこで過ごすみんなも
伸び伸びとしていて、とても楽しそうだった。彼らがそこで
どんな暮らしをしているのか、家庭を訪問させて頂いた。
リビングがあり、広間があり、コンパクトな庭があり、
素敵な住まいだった。現地の服を着ていたのだけど現地の
ガイドさんから「それは日本の伝統的な衣装ですか?」
と聞かれてしまった。私は一体何人なんだろう・・・?
難民キャンプ内を少し見学した後で、そろそろ
マジックショーのリハーサルをすることに。とは言え、
会場でやることは出来なかったので、控え室で一連の
流れを通す簡単なリハーサルをした。それから間もなくして
ショータイムになった。ヨルダンの人にマジックをお見せ
するのは初めてなので、どんな反応が返ってくるかドキドキ
だったけど、始まってみると、結構ノリが良く音楽に
合わせて手拍子をしながら観て下さっていた。日本だったら
子供を前の方に座らせてあげて、大人は後ろの方に座るけど、
イスラムの文化では一番前に偉い人が座り、子供は後ろの方へ。
今日は人数が多すぎたので、子供達は中にも入れない状態だった。
子供はあまり大事にされていない様です。オープニングは
振り出しシルク、ファントムノット、変色ハンカチ、紙テープ
と言う風に全員が挨拶代わりに1演技するリレー形式で登場。
みんな伸び伸びと、楽しそうに演技出来ていた。その後は、
リング組の登場、次は新聞紙の復活。ここでアクシデントが・・・。
2人のうちどちらかがコメディーにと言ってたのだけど、
どちらもコメディーになってしまった(^_^;)
だけど、返ってそれも受けていた。その後は3本ロープ。
民族衣装を着た女の子達が全員が登場して演じた3本ロープは
とても華やかだった。その後は、私の3本ロープ。定番の
ルーティーンを演じ、最後はジグザグイリュージョン、そして
エンディングは全員で紙テープ。とても華やかなショーになった。
先生の組んだ構成は、いつも時間がキッチリしていて、
無理が無く、出場する人が伸び伸びと楽しく演じることが
出来るので、その人の良さを引き出してくれる・・・。
指揮を取るのは難しいことだけど、私もこういう構成を
組んで実行出来る様に次のステップに進みたいなぁ。
“マジックは今までの出し物の中で一番受けが良かった”
と聞いて嬉しかった。みんなで力を合わせて作ったショーは
とても楽しかった。ショーが終わった後、Yさんが
「○○才になって、こんな体験が出来るなんて夢にも思って
いませんでした。ありがとうございました。」と言って
下さった。今日の、このショーがみんなにとって良い思い出の
1ページとして残ってくれたら嬉しい。ステージの部屋から、
控え室へ戻ると・・・控え室の鍵が開いていなかった。
なので外で待機。すると一斉に子供達に周りを囲まれて、
握手だの自己紹介の嵐。次から次へといっぱい人が寄ってきて
モミクシャ状態。ようやく控え室の鍵が開き中に入ることが
出来てホッとした。だけど外にいる子供達は、マジックショーを
ちゃんと観れていないんだなぁ・・・と思ったので少しだけ
見せようと貴重品とマジックの道具を持って再び外へ。輪ゴムの
マジックを見せようとした所、輪ゴムを取られてしまった。
マジックを見せられる状況でないことが分かったので写真だけ
撮って何もやらずに再び控え室に。イベントが終わり、荷物を
バスに運ぼうとしたときに事件が・・・。段ボール箱の中の
道具を一斉に取られてしまった。ニコニコしててフレンドリー
だけど少年強盗団だった。きっと悪気はかいのだと思うけど。
後で気がついたら7万円入った財布を取られてしまった(-_-;)
後で聞いた話だと、カメラを取られてしまった人もいたらしい。
もし、難民キャンプに行く予定のある方は気をつけましょう。

SANY0020.jpg

7月4日(水)

今日の夜、プールデッキにて星の話の企画があった。
星座の話を聞きに集まる人達は、マジック、将棋の
イベントのときと又、客層も違っていた。まだ日が
沈んだばかりの空には、金星しか見えなかったけど、
時間が経つに連れ次第に星達が姿を現し始めた。
先生の解説を聞きながら、集まったみんなで夜空を
見上げていた。船の上で見る星空は又、格別。
他に遮るものが無いので、広い範囲で星が見える。
昔の船乗り達は、こんな風に夜空の星を眺め、
星の灯りを頼りに航海を進めていたのだと思うと何だか
ロマンチックな気分になって来る。それはそうと、
マジック、将棋の他にも、こんな企画が出来るなんて
先生は凄いなぁ。今日は7月4日・・・気付いたら
難民キャンプの前日。そんなわけでマジパの集合する
時間も多かった。みんなそれぞれのパートが決まり、
それぞれの練習をして頂いた。女の子達は早い時期から
練習していたので、仕上がっていた。だけど男の子達は
他の企画に参加して忙しかったりで、なかなかマジックを
練習する時間が取れなかった為、今日からのスタート
だった。一夜漬けでどこまで行けるだろう・・・?
明日、朝早いのでなるべく早めにみんなを解放しなくては。
だけど、まだイリュージョンの合わせをしていない。
解散した後、イリュージョンチームだけ、集合して
夜1時過ぎまで彼らのパートを練習した。
ようやく練習が終わり、先生を探しに波へいに向かった。
だけど、先生の姿はなかった。ボリさんと、のんちゃんが
カードを持って話合っていたので、一緒にお邪魔した。
カードマジックの手順のお浚いをした。気がつくと深夜2時。
何だか今日はメチャクチャ疲れた・・・。

7月3日(火)

難民キャンプも近づいて来たこともあり、マジパの
みんなと集まって練習する時間が増えて来た。
何となく段々と形が見えて来た。ハイクラスマジックの
レクチャーもあった。このクラスでは動画でハイスキルな
演技を観た。マジックのレクチャーを楽しみにしてたのに
体調を崩して参加出来なかった方から、特別に教えて
欲しいとのリクエストがあったので、カフェでみっちり
お教えすることに。一緒に手を動かしてみて、大丈夫には
大丈夫だったけど、果たして、どのくらい理解して頂く
ことが出来たんだろう?夕方から先生とMさんの
「TV番組が出来るまで」と言うトークショーの企画。
私はそのショーの模様を撮影をした。喋りだけで、
1時間も人を楽しませることが出来る・・・凄いなぁ。
廊下を歩いてるときに、よくお会いする年配の紳士と
彼のお友達軍団の方に呼び止められた。一緒に写真を
撮りたいとのことだったのだけど、ちゃんとした
フォーマルな衣装を着て来るから、空いてる時間を
教えて欲しいと言われた。夜の10時に待ち合わせる
ことになった。その約束をしてから、頭から抜けていた
スケジュールがあったことが発覚(焦)
今夜はオークションがあるので、会場に行かなくては
いけなかったんだ・・・(焦)少し早めに待ち合わせた
場所に行ったら、いらしたので一安心。高級なスーツを
来て待っていらした。早速、一緒に写真を撮ることに。
周りのお友達も盛り上がっていて、隣に座った方が良い
とか、乾杯してるシーンが良いなどなど・・・etc
こんな些細なことでも喜んで頂けるのは嬉しいな(*^_^*)
オークションでは、あなたの為にプライベートマジックショー
と言う企画で登場。Tさんが落札して下さった。
下船まであと数日。“落札して良かった”と思われる様な
良いショーが出来るように構成を練らなくては!!

7月2日(月)

船も紅海に入ると船の中にいても、とても暑い。
そんな酷暑の中、洋上運動会の日が開催された。
先生と私は応援合戦の審査員ということで、
サンシャインバーに向かった。外にいるだけでも
暑いのに、運動会に参加されてる方達は凄いなぁ。
チームは出身地によって割り振りされていて、
東西南北4つのチームに別れて競い合っていた。
いよいよ応援合戦がスタート。こんな暑い中、
老若男女関係なく、世代を越えて1つのものに
一生懸命力を合わせて取り組む姿は、とても
素晴らしくて感動した。日本国内では、なかなか
見ることの出来ない光景だった。紅海の上の船のデッキ。
こんな暑い中、一生懸命頑張っている、ただそれだけでも
凄いのに点数をつけなくてはいけないのは酷だった('_')
今日は運動会だったので、企画は夜の水パのみんなとの
会合だけだった。難民キャンプのショーの演目について
話し合った。段々と形が見えてきた。その後は、デッキを
通って波へいに向かった。満月過ぎたばかりの月が
とても綺麗で思わず“Fly Me To The Moon”を
口ずさんでしまう。波へい、凄く暑い・・・(-_-;)
長崎のMさんトリオと、フロントデスクを担当されてる
お二人の方が集う中、一緒にお邪魔した。既に先生が
何かマジックを見せた後だった。クルーの方達は仕事が
あるため、ショーを観ることが出来なかったので、
何かお見せする機会があればなぁと思っていたけど、
ようやく今日、1組の方達にお見せすることが出来た。
私も1つロープの演技をお見せした。しばらくしてから、
Mさんがレクチャーで覚えたマジックを披露して下さった。
カードと何故かセロテープとサインペンを用意していた。
何をするのかと思ったら・・・セロテープでクルクルの
ひげの絵を描いて、みんなで鼻の下に貼っていた。
“ドレビア~ン”に対抗して“アラビア~ン”と言う
ノリでアウト・オブ・ディス・ワールドがスタート。
サクッと演じれば3分で終わる演技が、Mさんトリオの
手に掛かると15分のエンターテイメントになっていた。
動画に撮って置きたいくらい面白いショーだった。
それにしても、アラビアの波へい暑い・・・・・(@_@)

7月1日(日)

今日は、いよいよイエメンのアエンに到着。
陸に上がるのは7日ぶり。イスラムの地なので、
服装が厳しく、肌の露出はNG。
頭にも被りものをしなくてはいけなかった。
私の持っている服は基本的に膝よりちょっと上か、
膝よりちょっと下の丈のスカートが多い。
服が無い・・・と思いきや、クローゼットにかけた服をみたら、
エジプトで買った民族衣装を持って来ていた。頭に被るものも
先日のインドでクーポン券のあまりで購入した布があった。
クリーニング用のロープを巻いて、ひとまず何とか
形にはなったけどツアー中、よく現地の人と間違えられて
写真を撮られることが多かった。
アデンは、もの凄く暑いと聞いていた。おまけに湿度も70%と
高温多湿な地域。到着したとき、空が曇っていたので少しホッとした。
曇っていても、やっぱりサウナの中にいる様に暑い。エアコンの
効いたバスに乗っての移動なので良かった(*^_^*) シバの女王で
有名な土地だけど、アデンは元々観光の土地では無いので、
見る場所は少なかった。シェラトンホテルのプライベートビーチで
久々に海岸を歩いた。アラビアの海は温水プールの様な暖かさだった。
その後、お土産を買いにと言うことで、ショッピングモールに。
だけど、地元の人が行くような、アメリカで言うならラルフス、
日本で言うなら、ヨーカドウの様な大きなスーパーだった。
お店を入った所に大きなピースボートの写真入りの看板が。
どうやら、ピースボートは世界の色んな国で歓迎されている様だ。
難民キャンプで使えたら良いなと言うことで地元の新聞紙を購入。
夕方、我が家の様な船に戻った。交流のコースに行った人達と合流。
マジックを披露した人も沢山いたみたいで、
色々報告を聞かせて頂いた。昨日、新聞の復活を練習された
マダムの演技も凄く好評だった様で一安心。
言葉が通じない為、あまり思い通りに行かなかった人もいれば、
良い反応が返って来る演技が出来た人もいた。今回の経験を
次のヨルダンに生かして行こうと言うことになった。
今日はみんな疲れていたのか、部屋の外に出歩いてる人は少なかった。
これからは、ヨルダンの難民キャンプに向けてスタート。
良いショーが出来るように、みんなで頑張って行こう。

6月30日(土)

今日は、まず午前中に難民キャンプのマジックショーの打ち合わせ。
難民キャンプでやれる様な演目をレクチャー。新聞の復活や、
ロープとシルクのマジックや、変色ハンカチ等など・・・etc
ここではサロン、ステージ系のマジックが中心だった。
1人のマダムが新聞紙の復活に非常に興味を持たれた様で、
作り方、演じ方を教えて欲しいと熱心だった。まずは新聞紙の
作り方をお教えした。明日は寄港地で上陸する日なのでツアーの
オリエンテーションがあった。オリエンテーションの後、
受付をして、夕食を取って、そして次はカードの上級者編。
タイトなスケジュールだったけど、上手くこなせそう。
と思いきや、夕食が出てくるのが20分くらいかかってしまい、
ちょっと送れてしまった(焦)到着すると既に皆さん集まっていた。
この上級編は難易度も高くなるので、ついてこられない人を
フォローするのが私の役割になった。後半は、今までのお浚い会
と言うことで私が担当することになったのだけど・・・
お客さん達の表情を見る限りでは、あまり上手にレクチャー
出来てる様な気がしない。先生のレクチャーのときは、みんな
もっと楽しそうな表情をしたり、納得して満足する表情をしたり
感心する表情をしていたり、目が輝いていたのに・・・・・。
楽しく興味を持って頂ける様に、分かり易くレクチャーを
進めるのは凄く難しい・・・(-_-;) ここ数日間、船が大きく
揺れたため、体調を崩されてレクチャーに出られなかった
方も多かった。凄くマジックのレクチャーを楽しみに
していた方がいて、会う度にレクチャーを楽しみにしてることを
告げて下さっていた。だけど、体調を崩して一度もレクチャーに
出られなかった。それなので、今日レクチャーが終わった後、
彼の為にお浚い会をした。本当はもっと、ゆっくり
もう1つくらいお教えしたかったのだけど、
水パの練習会の時間が迫っていたので、今日は1つだけに。
会場に行くと既に、もう水パのみんあなが集まっていた。
いつもマジックのイベントを手伝って下さる水パの皆さん。
お仕事がある為に、レクチャーを聞くことも出来ず可愛そうだ
と言うことで、この練習会が企画された。ここでは、他の方には
教えていない、水パだけのマジックをレクチャー。みんな熱心に
ビデオカメラで撮影しながら、レクチャーを受けていた。
そう、ここに集まる方達は、誰よりもマジックを大切に考えて
下さっていた人達。だから、みんなレクチャーのとき
ビデオカメラでしっかり取って覚えようと、熱の入り方が違う。
練習会が終わると新聞の復活に興味を持たれたマダムが、
明日のイエメンの交流会のときに演じたいとのことで相談を受けた。
今夜は少し特訓することに。明日のショー、成功すると良いなぁ。
プロフィール

ミュウ

  • Author:ミュウ
  • マジシャンMistyミュウの日記!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク