8月14日(金)


ヨーロッパの植民地支配と戦った大戦。
「アメリカ vs 日本」でもなければ、
「白人 vs 有色人種」と言うのも違う…
なぜなら、白人でも、植民地支配を
行っていない国の人々もいるので、
「十字軍 vs 有色人種」と言う言葉が、
一番ふさわしい気がします。

さて、この十字軍の侵略に対して、
有色人種は、どの様に対応したのか、
“民族毎の 対応の仕方” の分析です。

①考える間もなく滅亡させられた
(インカ帝国 / アステカ帝国)

②従順に従った / 拉致され奴隷になった
(アフリカ)

③無抵抗 / じっと我慢した
(インド / インドネシア /
  オーストラリア / ハワイ王国)

④十字軍の手先になって黄色人種を攻撃
(中国)

⑤奴隷になるくらいなら“戦うこと”を選んだ
(アメリカン・インディアン / 日本)

history10.jpg
もし侍とインディアンが出会っていたら、
彼らは、親友になれたでしょうね…
native-americans02.jpg

1924年 アメリカン・インディアン
     アメリカで人間として認められる
1964年 アフリカ系アメリカ人
     アメリカで人間として認められる

一番従順だったアフリカの人が、
一番長く苦しめられる結果になりました。
最後まで、無抵抗だったオーストラリア、
ハワイの人の元には、オーストラリアも、
ハワイも、返還されませんでしたね(焦)

そして、十字軍の手先になった中国が、
↓支配した近隣諸国の国々です。

1945年 満州国占領
      内モンゴル占領 
1947年 蒋介石 台湾占領
1949年 東トルキスタン占領
1951年 チベット侵略
1979年 ベトナムを武力侵略
1996年 フィリピン領有ミスチーフ環礁占領
1997年 フィリピン領有スカーボロ環礁 領有権主張
     日本の領土 尖閣諸島 領有権主張     

<戦前の中国と近隣諸国>
china01.jpg

<戦時中の中国と近隣諸国>
asia10.jpg


<終戦後の中国と近隣諸国>
china08.jpg

そして、今もまだ続いている中国の侵略。
モンゴル人の友達が「中国が攻めてくる」
と語っていました。そして日本の沖縄も、
狙われてることは、勿論ご存知ですよね?
その為に、米軍の協力が必要なわけですが、
西暦も2000年を過ぎて、世界はもう、
植民地支配の時代ではなくなったと言うのに、
まだ1人、虎視眈々と侵略を続ける中国です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミュウ

  • Author:ミュウ
  • マジシャンMistyミュウの日記!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク