8月15日(土)


終戦記念日を迎えた8月15日。
誰が誰に謝るべきかを追及すれば・・・
「我々今の日本人が、我々の先人に謝るべき」
と言うのが私の答えです。

隣国パラオでは、大戦後アメリカに統治
されたので、GHQによって十字軍の歴史の
教科書が、教育の現場に用いられましたが、
当時の体験をした人たちが、
「こんなのは、でたらめだ!」と突っぱね、
事実の歴史を語りついだので、
みんな教科書の歴史を信じなかった為、
十字軍の歴史は、浸透しませんでした。
日本軍のお墓を今も大事にして下さってます。

だけど我が国、日本はどうかと言えば・・・
終戦から70年の間、ずっと、
十字軍の歴史の教科書を鵜呑みに信じて、
在日メディアの言うことを鵜呑みに信じて、
我々の先人達を疑って来ました。
そしてまだ、その誤解が解けていません。
それが 最も大きな 日本の罪だと思います。
戦犯として裁かれた人たちも犠牲者です。
日本の未来の為に、今を生きる私達の為に
命をかけた人たちを戦犯扱いすること、
「靖国神社は、戦犯が祀られてる」と、
靖国神社を、大切に出来ないことは、
日本人として恥ずかしいことだと痛感します。

この一週間、本気で全力で資料を集め、
”大東亜戦争” について学び理解しました。
そして、先人たちの気持ちを理解しました。
「先人が命を賭けて残して下さった“今”を
大切に生きなくてはいけない…」
と言う気持ちでいっぱいです。
彼らの末裔であることをとても誇りに思います。


十字軍に追い詰められた日本、
「奴隷になるか、戦争か」
と言う問いに、我々日本の先人は、
↓こんな思いの元に戦うことを選びました。

- 永野 修身 元帥海軍大将の言葉 -
「戦わざれば亡国、
 戦うもまた亡国であれば、
 
 戦わずしての亡国は身も心も
 民族永遠の亡国である。

 戦って死中に活を見出し
 護国の精神に徹するならば

 たとい戦いに勝たずとも、
 護国に徹した日本精神さえ残せば、
 我らの子孫は必ずや
 再起、三起するであろう」

 


-特攻に行った人達の想い-
「もし玉砕して、そのことによって
 祖国の人達が、少しでも
 生を楽しむことができればと
 せつに祈るのみである

 遠い祖国の若き男よ
 強く逞しく、朗らかであれ
 懐かしい遠い祖国の
 若き乙女たちよ
 清く美しく、健康であれ」





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミュウ

  • Author:ミュウ
  • マジシャンMistyミュウの日記!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク