8月17日(月)


大戦も終り、世界は平和になって、
人種差別も、植民地もなくなって一件落着!
なムードですが・・・ちょっと待って!
オーストラリアは植民地として忘れられてる…?
あまりオーストラリアについて、語られないので、
気になって、先住民アボリジニーについて、
色々と調べてみました。今の生活、酷いですね。
長い間、ずっと人種差別に苦しめられた、
戦前の、アフリカ系アメリカ人の様な扱いを
今現在も、受けている様です。

とあるサイトで、ドイツ人がオーストラリア人に
アボリジニーについて、質問するやりとりの
チャットを見たのですが、
オーストラリア人から見たアボリジニーは、
「彼らがインターネットなんか出来るわけない。
彼らは酒と麻薬に溺れてるよ。物乞いしたり、
物を盗んだり、問題を起こしてばかりいる。」
「だけど、それは、そうせざる得ない環境に
追い込まれてしまったからでは?」
「彼らは生活保護をもらってるから大丈夫な
はずなんだ。それなのに、物乞いしたり、
大声で叫んだり、問題ばかり起こすんだ」
・・・などなど、やりとりが続いていました。

他にも、幾つかのページを調べてみると・・・
元々彼らは6万年前からオーストラリア大陸に
住んでいて自然と調和しながら暮していました。
ヨーロッパ人が来る前は、50~100万人、
700種類の部族がいたと言います。
イギリス人の囚人達が、続々とこの島に
送られてきました。その後、約3万7千人いた、
純血のタスマニア・アボリジニは、
イギリス人達(今のオーストラリア人)の
ハンティングで、絶滅させられたそうです。

今の彼らの暮らしについて、調べてみると、
郊外へ追いやられていて、
人手が足りないときだけ、雇われて、
一番最初に解雇される存在だそう。中には
反論するアボリジニも、いたそうですが、
反抗すると、すぐに処刑されてしまいました。
生まれた子供は盗まれて、強制施設へ
入れられて、虐待を受けたり、
彼らは、人権も人生も、盗まれている…
オーストラリア人にとって、彼らはゴミ扱い。
我々は、こんな人達に、
捕鯨のことを言われてたんですね(爆)

もし皆さんが、オーストラリアの人から、
捕鯨について、何か言われたら、
このことを聞き返してみてください。
「生活の為の、伝承文化の捕鯨はダメでも、
↓あなた達の趣味のこれはOKなの?」と。

asia06.jpg

オーストラリア人にとっては、
白人>クジラ>有色人種の順番なんですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミュウ

  • Author:ミュウ
  • マジシャンMistyミュウの日記!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク