12月3日(木)


昨日のことですが、カリフォルニアの
San Bernardinoの障害者用の福祉施設の
ホリデーパーティーの最中に起きた
銃乱射事件。日中の平和な雰囲気の中で
少なくとも14名の人が、命を落としました。
犯人は、やっぱりイスラム系の人達でした。
犯人の自宅からは、数千の爆弾が見つかり、
その大量の爆弾は、不発に終ったものの、
もっと、大きな被害を狙っていたんですね(焦)
ひょっとしたら、それは氷山の一角で、
まだ他にも潜んでいるのかもしれません(焦)

この事件、日本で生まれ育った我々から見ると、
人としてやってはならない、とても酷いことですが、
丸腰の異教徒を相手に、容赦なく撃ちまくり、
命を奪うことも、イスラムの人達にとっては
正義であることを理解しなくてはなりません。
私達には、とても理解出来ませんが、
彼らの強い信念の元に行っていることなのです。
彼らにとっては、異教徒は人じゃない?
彼らにとってテロは、私財や命を懸けて行う程、
重要なこととして考えられていることを、
理解しなくてはいけません。

「イスラムの難民を受け入れない!」
と言う日本政府の正しい決断。
果たして、どれくらいの日本の国民が、
それを理解しているでしょうか?
イスラムの難民を受け入れると言うことは、
テロの危険も、受け入れると言うことなのです。
フランスでの銃乱射事件、カリフォルニアでの
銃乱射事件から、実感して欲しいと思うのでした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミュウ

  • Author:ミュウ
  • マジシャンMistyミュウの日記!
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク